国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

2015年10月

6件の記事があります。

2015年10月30日No.8(北の丸公園グリーンアドベンチャー/子供用コース)

皇居外苑バックナンバー2015 / 北の丸公園グリーンアドベンチャー / 北の丸公園ブログ / 皇居外苑・北の丸公園の紅葉

北の丸公園グリーンアドベンチャー、子供用コースの設問8番を紹介します。

写真:大きく枝を広げ紅く紅葉している木の様子

8番の木の全景です。枝を天空に広げて美しく紅葉する姿が芝生広場で大変目立ちます。北の丸公園では、芝生広場の他、各所に植えられています。(写真は10 月30日撮影)

写真:NO.8のパネル

ヒント

○家の周り、道ばた、公園に植えられるよ。

○大きくて目立つ(顕 けやけき)ので名前となったよ。

○木は箒(ほうき)を逆(さか)さにしたような形になるよ。

写真:紅く紅葉した縁がギザギザの葉

紅く紅葉した葉の様子(写真は10月27日)

小さめの葉っぱで、まわりがのこぎりのようにギザギザなのが特徴です。

写真:うろこ状にはがれた樹皮

うろこ状にはがれる幹の様子(写真は10月27日)

若い木の樹皮は灰褐色で滑らかですが、樹齢を経るにつれうろこ状にはがれるようになり、特徴的な樹皮が見られるようになります。

写真:田安門に使われている様子

旧江戸城田安門

この木から製材される材木は、木目がとても美しく湿気にもよく耐えるため、臼やお椀、下駄の歯、楽器、家具など、多くの工芸品が作られています。また建築用材としても多くの寺社建築等に用いられ、国の重要文化財に指定されている旧江戸城田安門や清水門にも、この種類の木から製材された材木も用いられているそうです。


さて、この木の名前は何でしょう?

北の丸公園の芝生広場に植えられたこの木は、春の新緑、夏の緑陰、秋の紅葉、冬の樹冠など、四季を通じてその雄大な姿を楽しむことが出来ます。答えは、ぜひ北の丸公園に確かめに来て下さい。

図:北の丸公園グリーンアドベンチャー、子供用コース設問8番の位置


☆コースのご案内や解答用紙のダウンロードは、北の丸公園グリーンアドベンチャーのご案内をご覧下さい。

ページ先頭へ↑

2015年10月26日筆談承ります・皇居外苑(皇居前広場他)

皇居外苑バックナンバー2015 / バリアフリー情報 / 皇居外苑ブログ

皇居外苑(皇居前広場)の主な公園施設には筆談器を設置しています。また、皇居外苑全域を巡回している巡視員も筆談器を携帯しています。筆談器の配備場所には耳マークを掲示し、筆談器を携帯している巡視員は耳マーク付きの胸章を着用しています。聴覚や発話に不安のある方には、筆談などで応対いたしますのでお気軽にお申し出ください。

写真:筆談器を携帯している皇居外苑の巡視員。胸章には「筆談承ります」のコメントが添えられています。

〇皇居外苑巡視員(写真は国民公園協会皇居外苑巡視班

耳マーク付きの胸章を着用している巡視員は筆談器を携帯してます。

写真:筆談器が配備されている楠公レストハウスのインフォメーションカウンター。こちらの耳マークには筆談承りますのコメントが添えられています。

写真:筆談器が配備されている楠公レストハウスの売店コーナー。こちらの耳マークには筆談承りますのコメントが添えられています。

○楠公休憩所(楠公レストハウス

楠公レストハウス内のインフォメーションカウンターと売店のレジカウンターに筆談器を配備してますので、インフォメーションスタッフや売店のサービススタッフ、レストランのホールスタッフに気軽にお申し付け下さい。

写真:筆談器が配備されている皇居前広場の売店くすのき。こちらの耳マークには筆談承りますのコメントが添えられています。

楠公像前売店くすのき

楠公像前の売店「くすのき」にも筆談器を配備してますので、くすのき売店のサービススタッフにお申し付け下さい。


写真:筆談器が配備されている楠公前駐車場管理所と耳マーク.こちらの耳マークには筆談承りますのコメントが添えられています。

楠公駐車場

楠公駐車場の管理所に筆談器を配備してますので、駐車場スタッフにお申し付け下さい。

写真:皇居外苑管理事務所の受付カウンターに配備された筆談器と耳マークです。

〇皇居外苑管理事務所

公園管理事務所の受付カウンターに筆談器を配備してます。聴覚や発話に不安のある場合は、携帯されている耳マークを提示したり、窓口に掲示されている「筆談器あります」の表示を指さすなどして筆談での対応を事務所員にお申し付け下さい。

☆北の丸公園での筆談器、耳マークの配備状況は、こちらをご覧下さい。

ページ先頭へ↑

2015年10月21日No.5(北の丸公園グリーンアドベンチャー/大人用コース)

皇居外苑いきもの / バックナンバー2015 / 北の丸公園グリーンアドベンチャー / 北の丸公園ブログ / 春の花

北の丸公園グリーンアドベンチャー、大人用コースの設問5番を紹介します。

写真:5番の木の全景

5番の木の全景です。細い枝を広げて比較的大きくなる小高木です。(写真は10月9日撮影)

北の丸公園では、4月末から5月はじめの連休の頃、枝いっぱいに小さな白い花を咲かせ、10月頃になると熟した実が木の足下にたくさん落ちてきます。

写真:これ何の木?

ヒント

  • ○春に白い花を枝いっぱいにぶら下げます。
  • ○実が喉を刺激する(えぐい)ため、この名がつきました。
  • ○実は石鹸の代用となります。

写真:花の様子(写真は5月8日撮影)

花の様子(写真は5月8日撮影)

枝いっぱいに特徴のある白い小さな花を下向きにたくさん咲かせ、よい香りがします。

写真:6月に鳴る緑色の丸い実

初夏になる若い実(写真は6月17日撮影)

写真:秋になり柔らかく熟してきた実
秋になり柔らかく熟してきた実(写真は10月9日撮影)

花が咲いた後、卵形のかわいらしい特徴的な実が鈴成に実ります。ヒントにある石鹸の代用というのは、昔、これくらいの実をつぶすと出てくるサポニンを泡立てて洗浄剤のように使用したことを指すようです。

写真:殻が割れて出てきた実(種子)

殻が割れて出てきた実(種子)

この木の足下には、焙煎したコーヒー豆を連想させるような色合いをしたラグビーボールのような形をした小さな実(種子)がたくさん落ちています。この殻(果皮)に含まれる'えぐみ(サポニン成分)'を他の野鳥たちは敬遠して食べないのですが、ヤマガラは、実を枝にたたきつけたりして上手に殻をはずして食べることで知られています。貯食(ちょしょく)といって、秋の内に森のあちこちに隠しておき、木の実の少なくなる冬場の大切なごちそうにします。(写真は10月9日撮影)

写真:エゴノキの実を枝で叩いているヤマガラの様子写した写真です。

ヤマガラ(写真は10月15日撮影)

別の日に、エゴノキの果皮を枝で叩いているヤマガラの様子を観察できました。

写真:葉の様子

葉の様子

葉の特徴は、冬に落葉し、縁のギザギザ(鋸歯)が鈍く少ないことが挙げられます。

写真:樹皮の様子

樹皮の様子

樹皮は滑らかで暗褐色をおびます。木材は将棋の駒に用いられることもあるそうです。

写真:ネコの足に似ているこの木特有の虫コブ

ネコアシフシ(虫コブ)

ネコの足に似ている不思議な形の虫コブが付くこともこの木の特徴の一つです。


さて、この木の名前は何でしょう?

北の丸公園では、公園中央の落葉樹が植えられた園地にたくさん植えられており、5月には枝からこぼれるように白い清純な花を咲かせた様子を見ることができます。答えは、ぜひ北の丸公園に確かめに来て下さい。

図:北の丸公園グリーンアドベンチャー、大人用コース設問5番の位置図です。


☆コースのご案内や解答用紙のダウンロードは、北の丸公園グリーンアドベンチャーのご案内をご覧下さい。

ページ先頭へ↑

2015年10月15日千鳥ヶ淵さんぽみち《千鳥ケ淵戦没者墓苑から北の丸公園(乾門口)》

皇居外苑バックナンバー2015 / バリアフリー情報 / 北の丸公園ブログ / 千鳥ヶ淵さんぽみち / 皇居外苑ブログ

千鳥ヶ淵さんぽみち」に指定されているルートのうち、千鳥ケ淵戦没者墓苑を起点に、千鳥ヶ淵堤塘沿いの代官町通り(千代田区道)を歩いて、東京国立近代美術館付属工芸館や北の丸公園(乾門口)に向かう散策コース(バリアフリールート)をご案内します。

写真:千鳥ヶ淵戦没者墓苑(西門)から北の丸公園(乾門口)へのバリアフリールート

<千鳥ケ淵戦没者墓苑から北の丸公園(乾門口)までのバリアフリー経路図>

千鳥ケ淵戦没者墓苑(西門)から北の丸公園(乾門口)までは、約850mゆっくり歩いて約16分、千鳥ヶ淵の堤塘や皇居の木々に包まれたように続く代官町通りの歩道は、都心とは思えないみどりあふれるお散歩コースです。

写真:千鳥ヶ淵戦没者墓苑の入口(東門)の全景を写した写真です。

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(東門)>

  • ※北の丸公園(田安門口)から千鳥ケ淵戦没者墓苑までのバリアフリー経路のご案内は、こちらをご覧ください。

写真:千鳥ケ淵戦没者墓苑(公衆トイレ)

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(公衆トイレ)>

東門を入ってすぐに公衆トイレがあります。

写真:千鳥ヶ淵戦没者墓苑管理事務所の外観と「筆談器あります」の表示を示した写真です。

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(管理事務所)>

管理事務所には筆談器が配備されています。聴覚や発話に不安のある場合は、携帯されている耳マークを提示したり、窓口に掲示されている「筆談器あります」の表示を指さすなどして職員に筆談での対応を申し出れば、筆談等で応対してくれます。

写真:千鳥ケ淵戦没者墓苑(多目的トイレ)

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(多目的トイレ)>

管理事務所の裏手に、車いす対応の多目的ブースも備えた公衆トイレがあります。

写真:千鳥ケ淵戦没者墓苑の六角堂

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(六角堂)>

写真:千鳥ケ淵戦没者墓苑(西門へ続くスロープ)

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(西門へ続くスロープ)>

元々傾斜路と数段の階段が組み合わさせて造られた園路も、階段の一部をスロープ状に改修してあるので、車いすやベビーカーの利用者でも安心して参拝出来ます。

写真千鳥ケ淵戦没者墓苑(西門)

<千鳥ケ淵戦没者墓苑(西門)>

千鳥ヶ淵緑道から振り返って見た西門の全景です。千鳥ケ淵戦没者墓苑には、東門と西門の2カ所出入り口があり、西門の横には参拝者専用駐車場があります。今回は西門から出て千鳥ヶ淵緑道を通って、墓苑入口交差点に向かいます。

写真:千鳥ヶ淵緑道(千代田区立公園)

写真:サザンカの園芸品種「御美衣(おみころも)」やシオン

<千鳥ヶ淵緑道(千代田区立公園)>

千鳥ヶ淵緑道では、サザンカの園芸品種「御美衣(おみころも)」やシオンが咲いていました。

写真:墓苑入口交差点・千鳥ヶ淵緑道入口

<墓苑入口交差点・千鳥ヶ淵緑道入口>

千鳥ヶ淵緑道から見える墓苑入口交差点(内堀通り)の様子です。

写真:千鳥ヶ淵さんぽみちの案内標識/墓苑入口交差点

<千鳥ヶ淵さんぽみちの案内標識/墓苑入口交差点>

千鳥ヶ淵緑道の脇に設置されている案内標識を確認して、左手に進みます。

写真:千鳥ヶ淵交差点

<千鳥ヶ淵交差点>

この交差点を渡ると内堀通りに沿って半蔵門交差点まで千代田区立の千鳥ヶ淵公園(通称「半蔵門公園」)が整備されており、公園からは皇居のお濠の一つである半蔵濠の雄大な景観が楽しめます。写真右手に映っている内堀通りの横断歩道を渡った先のみどりも千鳥ヶ淵公園(千代田区)の一部。こちらの公園を左手に進むと、その先には内堀通りに沿って緑道が続き、緑道に囲まれるようにイギリス大使館があります。

千鳥ヶ淵さんぽみちは、千鳥ヶ淵交差点の交番を左に曲がって、千鳥ヶ淵堤塘沿いに代官町通りを進みます。

写真:千鳥ヶ淵さんぽみちの案内標識/千鳥ヶ淵交差点

<千鳥ヶ淵さんぽみちの案内標識/千鳥ヶ淵交差点>

ここから千鳥ヶ淵堤塘沿いの代官町通りです。

写真:代官町通り/千鳥ヶ淵堤塘の四つ目垣

<代官町通り/千鳥ヶ淵堤塘の四つ目垣>

この辺りからは、歩道に沿って設けられた低い四つ目垣越しに千鳥ヶ淵の水面がご覧いただけます。

写真:千鳥ヶ淵堤塘の階段

<千鳥ヶ淵堤塘の階段>

千鳥ヶ淵さんぽみちの案内標識では、この階段を登って千鳥ヶ淵堤塘の上を通る経路を指し示していますが、バリアフリールートではありませんので、代官町通りの歩道を進むルートをご案内します。

写真:千鳥ヶ淵堤塘の松林

<千鳥ヶ淵堤塘の松林〉

写真:代官町通りのソメイヨシノ

<代官町通りのソメイヨシノ>

写真:代官町通りのヤマザクラ

<代官町通りのヤマザクラ>

写真:千鳥ヶ淵堤塘のエノキやムクノキの大木

<千鳥ヶ淵堤塘のエノキやムクノキの大木〉

写真:東京国立近代美術館付属工芸館

<東京国立近代美術館付属工芸館>

工芸館が見えてきました。工芸館の建物は国指定重要文化財「旧近衛師団司令部庁舎」です。

写真:工芸館前の歩道

写真:工芸館前の歩道は首都高速道路をまたぐ高架橋

写真:工芸館前の歩道 やや傾斜がきついスロープ状の坂道

工芸館前の歩道は首都高速道路をまたぐ高架橋で、やや傾斜がきついスロープ状の坂道になっています。


写真:北白川宮能久親王銅像下の階段

<北白川宮能久親王銅像下の階段>

この階段を登ると北白川宮能久親王銅像に近道できるため、現在設置されている千鳥ヶ淵さんぽみちの案内標識では矢印が階段園路を指し示していますが、バリアフリールートではありませんので、このまま進んで北の丸公園の乾門口に迂回するルートをご案内します。

写真:乾門前交差点/代官町通り竹橋駅方面の様子

<乾門前交差点/代官町通り竹橋駅方面の様子>

代官町通りに沿って真っ直ぐ道なりに進んだ北の丸公園(北桔橋門口)の周辺には、北の丸公園の駐車場(第一駐車場、第二駐車場)や科学技術館、国立公文書館、東京国立近代美術館があり、さらに先に進めば竹橋駅にたどり着きます。

写真:乾門前交差点/皇居乾門側に渡る横断歩道の様子

<乾門前交差点/皇居乾門側に渡る横断歩道の様子>

写真の横断歩道を渡った先は、皇居の乾門です。皇居東御苑の参観口のうち、北の丸公園(乾門口)や工芸館付近から最寄りの入口は、乾門前を左に曲がって約220m程先にある北桔橋門です。


写真:北の丸公園(乾門口)

<北の丸公園(乾門口)>

千鳥ヶ淵さんぽみちはここから北の丸公園内の区間に入り、東京国立近代美術館付属の工芸館(国指定重要文化財「旧近衛師団司令部庁舎」)に向かう園路から右に分岐して千鳥ヶ淵を望む高台を経由して、北の丸公園(田安門口)方面に続きます。

ページ先頭へ↑

2015年10月13日筆談承ります・北の丸公園

皇居外苑バックナンバー2015 / バリアフリー情報 / 北の丸公園ブログ

北の丸公園内の公園施設に筆談器を設置しています。また、園内を巡回している巡視員も筆談器や筆記用具を携帯しています。筆談器の配備場所や筆談器を携帯している巡視員には、耳マークを掲示(巡視員は耳マーク付きの胸章を着用)してあります。聴覚や発話に不安のある方には、筆談などで応対いたしますのでお気軽にお申し出ください。

写真:筆談器を携帯している北の丸公園の巡視員。胸章には「筆談承ります」のコメントが添えられています。

〇北の丸公園巡視員(写真は国民公園協会皇居外苑巡視班

耳マーク付きの胸章を着用している巡視員は筆談器を携帯してます。

写真:筆談器が配備されている北の丸休憩所(ザ・フォレスト北の丸)。こちらの耳マークには筆談承りますのコメントが添えられています。

〇北の丸休憩所(ザ・フォレスト北の丸

受付カウンターに筆談器を配備してますので、売店・喫茶のサービススタッフにお申し付け下さい。

写真:筆談器が配備されている北の丸第3駐車場管理所。ここの耳マークにも筆談承りますのコメントが添えられています。

北の丸駐車場

第3駐車場の管理所(日本武道館前)に筆談器を配備してますので、駐車場スタッフにお申し付け下さい。

写真:筆談器が配備されている北の丸公園管理事務所の窓口カウンター。こちらには標準的な耳マークが掲示されています。

〇公園管理事務所(皇居外苑管理事務所北の丸分室) 

公園管理事務所の受付カウンターに筆談器を配備してます。聴覚や発話に不安のある場合は、携帯されている耳マークを提示したり、窓口に掲示されている「筆談器あります」の表示を指さすなどして筆談での対応を、インフォメーションスタッフ又は事務所員にお申し付け下さい。

☆皇居外苑(皇居前広場他)での筆談器、耳マークの配備状況は、こちらをご覧下さい。

☆近隣の文化施設等におけるバリアフリー対応の状況や開館・開園状況の利用案内については、各文化施設等(昭和館、日本武道館、千代田図書館東京国立近代美術館及び工芸館国立公文書館科学技術館千鳥ケ淵戦没者墓苑千鳥ヶ淵緑道及び千鳥ヶ淵ボート場(順不同))へお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2015年10月09日No.16(北の丸公園グリーンアドベンチャー/大人用コース)

皇居外苑バックナンバー2015 / 北の丸公園グリーンアドベンチャー / 北の丸公園ブログ / 春の花 / 皇居外苑・北の丸公園の紅葉

北の丸公園グリーンアドベンチャー、大人用コースの設問16番を紹介します。

写真:北の丸公園グリーンアドベンチャー、大人用コースの設問16番の全景

16番の全景です。小さめの木ですが良い枝振りです。

初秋の頃、いち早く紅葉することでもよく知られており、北の丸公園ではちょうど今頃がこの木の紅葉の見頃になります。(写真は10月8日撮影)

写真:大人用コースの設問16番

ヒント

  • ○大正時代(1912年)に米国ワシントンに贈った桜の返礼に渡来しました。ミズキの仲間です。
  • ○春、白色や赤色、桃色の花(総苞)が咲きます。総苞片の先が凹んでいます。

写真:花の特徴を示す写真です(白い花の品種)

白色の花が咲く品種(写真は4月20日撮影)

写真:花の特徴を示す写真です(桃色の花の品種)

桃色の花が咲く品種(写真は4月20日撮影)

写真:実の特徴を示す写真です

花の後に実った果実は秋になると深紅色に熟し、ヒヨドリやツグミなどの野鳥が好む大切なごちそうになります。(写真は10月6日撮影)

写真:葉っぱの特徴を示す写真です

葉の筋(葉脈)が弧を描く様に伸びるのもこの木の特徴です。

写真:樹皮の特徴を示す写真です

樹皮には細かく亀裂が入ります。

写真:北の丸公園内に群植されている様子を写した写真です。10月に撮影したため、赤く紅葉しています。

北の丸公園では、科学技術館北側の園地の一角にまとまってたくさん植えられており、春の花の頃も、初秋の紅葉もとても見応えがあります。アメリカから送られてきた小さな苗木の何本かは皇室園地時代の新宿御苑にも届けられて苗畑で育てられ、後の時代になってここ北の丸公園にも移植されたという逸話もあるようですが、どの木がその当時のものなのか残念ながらはっきりとした記録が残っていません。

東京都立園芸高等学校の一角には、アメリカから送られた原木のうちの一本と伝えられる木が大切に残されているそうです。校内なので普段は一般の方が見ることは出来ませんが、毎年秋(11月はじめの土日)に行われる園芸展(文化祭)では原木のある実習エリアも公開されることがありますので、ご覧いただける機会があるかもしれません。

写真:紅葉した葉と赤い実、来春の蕾が同時に見られる特徴を示した写真です

枝先をよく見ると、紅葉した葉っぱや赤く熟した実に並んで白っぽい花芽がたくさんついていて、早くも来年の春、桜の後に咲くための準備を始めています。

さて、この木の名前は何でしょう?

答えは、ぜひ北の丸公園に確かめに来て下さい。

図:北の丸公園グリーンアドベンチャー大人用コース設問16番の位置図です

☆コースのご案内や解答用紙のダウンロードは、北の丸公園グリーンアドベンチャーのご案内をご覧下さい。

ページ先頭へ↑