ZEBとは?

ここから本文です。

7. 新築じゃなくてもZEBにできるの?

既存の建物では、既にそこで働いている人がいるため長期の改修工事が困難、既設の設備システムを大きく変えることが困難といった、新築時にはない課題が存在します。そのため、ZEBを実現するためのプランニングにおいて一定の制約があることは事実です。

しかし、既存建築物の仕様等を踏まえ、ZEBを実現するためのプランニングを工夫することで、ZEB化を実現した事例も存在します。

また、特にテナントビルにおいては、オーナーとテナントが協働して省エネに取り組むグリーンリース※のような仕組みもあり、実際にオーナー・テナント間でグリーンリース契約を結んで省エネを実現している事例も存在します。

※国土交通省によるグリーンリースの定義:ビルオーナーとテナントが協働し、不動産の省エネなどの環境負荷の低減や執務環境の改善について契約や覚書等によって自主的に取り決め、その取り決め内容を実践することをいいます。この取組により、ビルオーナー・テナント双方が光熱費削減等の恩恵を受け、Win-Winの関係を実現します。(詳細はこちら

この図は、テナントビルなどでオーナーとテナントが協働して省エネに取り組むグリーンリース契約のイメージを説明したものです。
ページ先頭へ