課題名

C-4 東アジアの酸性雨原因物質等の総合化モデルの開発と制御手法の実用化に関する研究

課題代表者名

溝口 次夫(佛教大学 社会学部)

研究期間

平成6−8年度

合計予算額

162,5858年度 72,761)千円

研究体制

(0) 酸性雨原因物質、関連物質の発生量分布の現状と将来予測モデルの開発に関する研究

(国立環境研究所)

(1) 酸性雨原因物質の制御と評価に関する研究

 〇誓雨原因物質排出制御技術の実用化に関する研究(通産省資源環境技術総合研究所)

 ∋誓雨原因物質制御評価モデルの開発に関する研究(厚生省国立公衆衛生院)

 C羚饑焼酩瑤了誓雨原因物質排出制御のための総合対策立案手法に関する研究

(厚生省国立公衆衛生院)

 っ羚饑焼酩瑤了誓雨原因物質排出制御技術の現地化のための共同研究(厚生省国立公衆衛生院)

 ッ羚饅天鳥圓了誓雨原因物質制御のためのバイオブリケット化に関する共同研究

(環境庁国立環境研究所)

(2) 酸性雨の文化財及び材料への影響評価に関する研究(厚生省国立公衆衛生院)

 

研究概要

 東アジア地域は中国をはじめ発展途上国が多く、したがって、酸性雨原因物質等(SO2NOXetc)の発生量は今後ますます増大するものと推定されている。

 本研究は東アジア地域において〇誓雨原因物質等の排出量とその分布を明らかにすること、∋誓雨原因物質の実用的な制御技術を提案すること、および酸性物質等による文化財、各種材料への影響を評価することを目的として実施し、,砲弔い討賄譽▲献∩完茲SO2NOX排出量を1°×1°メッシュデータとして確保し、NH3については日本および韓国のデータをメッシュデータ化した。△砲弔い討SO2排出量の最も多い中国を対象として、中国で実用化できる制御技術を中国の研究者との共同研究によって開発した。については同一テストピースを用いて日本、中国および韓国の3ヵ国で長期暴露試験を行い、酸性降下物と材料腐食の大きさを解明した。

 

研究成果

1.東アジア地域に有効な酸性物質長距離輸送モデルを構築した。

 

2.中国の主要工業地域からわが国各地域への湿性酸性降下物の影響をシミュレーションした。

 

3.シミュレーションの結果、中国南東部からの影響は九州、中国地方へ、中国北東部の影響は関東地方へも及ぶことが明らかになった。

 

4.改良世界経済モデルによるシミュレーションでは中国のSO2排出量はこのままでは2025年に1990年の1.8倍になると計算された。

 

5.ソ連極東部のSO2NOX排出量をメッシュデータ化しSO2NOXについてはほぼ東アジア全域がコンパイルされた。また、日本、韓国のNH3排出量も1°×1°メッシュデータベースとして構築した。

 

6.中国の石炭燃焼に伴うSO2の制御を目的として北東部の瀋陽市および南西部の重慶市においてそれぞれ中国の政策担当者、研究者と共同研究体制によってバイオブリケット技術の研究を実施した。

 

7.瀋陽市においては瀋陽市ガラス機械廠で稼働中のストーカーボイラ(2T/H)を用いて、脱硫剤入りバイオブリケットの脱硫性能試験を行い、Ca/S2で、73%の脱硫率が得られた。

 

8.重慶市においてはバイオブリケットパイロットプラントシステム(年産1万トン)を日中共同体制で製作した。バイオブリケット製造で最も技術的に重要な圧縮成型機を日本側が製作し、バイオマス、石炭粉末および脱硫剤それぞれのフィーダーおよび混合機を中国側が製作してシステム全体は両国の合作とした。

 

9.重慶市中心街にパイロットプラントを設置し、試験運転を開始した。

 

10.バイオブリケットの主要な原料である各種バイオマスの供給状況および成分分析を行った。

 

11.試作したバイオブリケットの燃焼性等から市場調査した結果、従来のバイオブリケットと比較して1.5倍程度の価格であれば、十分普及する見通しが得られた。

 

12.日本、中国、香港および韓国内に22地点を設け同一材料を用いてフィールド暴露実験を行い、酸性物質等の影響を評価した。

 

13.材料別の腐食速度は炭素鋼>大理石>古銅≧青銅>純銅の順であり、調査地点別では中国重汚染地域>中国都市汚染地域>韓国>日本海沿岸地域>日本都市汚染地域>日本低汚染地域の順で腐食が進んでいることを確認した。

 

14.日本、中国および韓国の文化財、建築材料影響評価グループによる研究報告と情報交換のためのワークショップを北京市において開催した。