課題名

B-11 地球温暖化による水収支への影響評価に関する研究

課題代表者名

寺川 陽 (建設省土木研究所河川部水文研究室)

研究期間

平成5−7年度

合計予算額

22,753千円 (うち6年度 6,049千円)

研究体制

(1) 気象・水文モデルの利用による日本域での水文循環の影響把握に関する研究

(建設省土木研究所)

(2) 積雪寒冷地流域の水文・水資源への影響評価に関する研究(北海道開発庁開発土木研究所)

研究概要

 本研究は、気象と流域水文循環の相互関係を明らかにし、地球温暖化が河川流域の水文循環に与える影響と水収支の変化を評価することを目的にしている。

 本研究では、地形が複雑に変化する日本域における温暖化時の水収支を明らかにするため、GCMの出力に基づく温暖化時の気象パターンの出現率変化から、擬似降雨を発生させる方法及びGCMにネスティングさせた水文・気象モデルによって、温暖化時の降水量や蒸発量のシミュレーションする方法によるアプローチを行った。また、積雪寒冷地域における温暖化の影響評価のため、リモートセンシング画像を用いて融雪を含む水循環過程を明らかにし、前述のメソスケール水文・気象モデルの計算結果に基づくシナリオのもとでの水循環変化を推算した。

研究成果

1.日本の代表的な気候区分および地域性を代表するように選んだ15地点において、CO2濃度倍増シナリオおよび現状シナリオのもとでの降雨日系列を発生させ、それを年間降水量の形で集計した結果によると、関東地方、中部地方及び西南外帯では年間降水量が50200mm減少し北海道・東北地方及び西南地帯では年間降水量の変化はわずかであることが示された。

2.20劵瓮奪轡紊凌緤元ぞ櫂皀妊襪砲茲CO2濃度現状時と倍増時の年降永量分布シミュレーション結果を比較すると、年降水量は計算領域全体にわたって減少し、中でも本州中部の山岳地帯で減少量が大きくなっていることがわかる。この他、大気中のCO2濃度が倍増することにより、相対温度がわずかに減少すること及び年平均表層土壌水分量が約5%減少すること等が示された。

3.石狩川流域を対象として人工衛星画像を用いた積雪水量の推定、量、アメダスデータ等をもとに標高補正を行った降雨量推定及び、各種の推定式による流域蒸発散量の推定を行い、水収支の検証を行った。

4.60劵瓮奪轡紊凌緤元ぞ櫂皀妊襪砲茲觀彁擦亡陲鼎温暖化シナリオのもとで、石狩川流域及び北海道全域における水循環への影響を推定した結果、降水量の615%増、蒸発散量の1333%増、融雪開始日が約2か月、終了日が約23か月それぞれ早まること等が示された。