課題名

B-10 地球の温暖化による海水面上昇等の影響予測に関する研究

課題代表者名

金子 純一 (建設省国土地理院地理調査部地理第二課)

研究期間

平成5−7年度

合計予算額

110,311千円 (うち7年度 34,891千円)

研究体制

(1) 海水面上昇が海岸及び低地の土地条件に与える影響予測に関する研究(建設省国土地理院)

(2) 宇宙測地技術を用いた海水面上昇の影響評価に関する研究

   VLBI及びGPSによる験潮場の位置測定に関する研究(建設省国土地理院)

  VLBI移動局を用いた験潮所位置の変動に関する研究(郵政省通信総合研究所)

(3) 環日本海における地球温暖化の影響評価に関する研究(通商産業省工業技術院地質調査所)

(4) 海面上昇に伴うバリアアイランドの変形と保全に関する研究(建設省土木研究所)

(5) 沿岸域に対する災害リスクの変化予測と対応策策定目標に関する研究

(運輸省港湾技術研究所)

研究概要

 地球規模の温暖化は、海水面上昇(2100年までに50cm程度、ICPP1992年推定)を引き起こし、全世界の沿岸低地に洪水、高潮、内水氾濫、塩害等の災害をもたらすと予想されている。それらへの対策を的確に講じるために、海水面上昇量や沿岸部の環境条件の変化を精度良く把握し、沿岸域での自然・社会・経済的影響について、定量的な評価を行う。そのために国内及び海外において調査・研究し、世界各地に適用できる方法を確立する。

研究成果

1.土地条件が強く関係する土地利用適性を元に、新潟平野とバンコク周辺地域における海岸線の後退後の陸域の土地利用の予測を行った。

2.建設省国土地理院と郵政省通信総合研究所は、験潮所近傍での観測が可能な小型VLBI装置を開発し、VLBIGPSを用いて正確な基準点を設置した。

3.前期完新世における海水面上昇に伴う沿岸環境の変化がボーリングによる調査結果から分かり、沿岸環境への海水面上昇の影響が確認された。オタドマリ沼において、地球温暖化による将来の海面上昇と同様な完新世の海面上昇により、牡蛎礁の水没と死滅があったことが判明した。

4.沿岸砂洲の形状変化に注目した水理実験により、海水面の上昇に伴って沿岸洲が陸に向かって移動することが分かった。海水面上昇による沿岸洲の消滅を防ぐいくつかの対策が提案された。

5.勾配の緩やかな大きな河では水位は降水量に依存しており、海水面の上昇に伴って堆積範囲が上流に移動することが分かった。海水面の上昇によってばかりではなく、河川の堆積物によるほか、降水量によっても大きな河川の水位上昇をもたらすことが分かった。