検索画面へ
  Go Research

課  題  名

RF-074 海洋環境変動に及ぼす堆積物再懸濁現象の影響予測に向けた物質動態詳細測定法の開発[PDF](679KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](299KB)

課題代表者

中川 康之(独立行政法人港湾空港技術研究所 海洋・水工部 沿岸環境研究領域)

研究期間

平成19−20年度

合計予算額

17,555千円(うち20年度 8,455千円)

研究体制

 (1)沿岸波浪および潮汐流作用下における侵食と再懸濁機構の把握
      (独立行政法人港湾空港技術研究所)

 (2)巻上げ時における化学物質フラックスの定量化
      (独立行政法人港湾空港技術研究所)