福岡県の代表的な湧水

回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動 湧水写真・位置図
名称 ふりがな
久留米市エグ水えぐみず久留米市
田主丸町大字森部
かつて藩主が山へ狩りに出た際、岩清水を飲んだらおいしかったので、藩主はその水を城まで樋を設けて導水すると言い出した。
農民たちは、賦役・水不足を恐れ、「あの水はエグい」と言い触らしたことに由来すると言われている。
  
久留米市朝妻の清あさづまのしみず 久留米市朝妻 断層崖から湧き出す清水で、高良大社の神事である「へこかき祭」の際に禊も行われる。古代から湧出していたものと考えられ、味水御井神社が祭られる。
  
久留米市磐井の清水いわいのしみず 久留米市御井町 岩井川の起点付近に位置し、湧水量は以前に比べると減っているが、今でも湧き出している。筑紫君磐井の乱最後の決戦地とも伝わる。以前は湧水を利用して野菜を洗ったり、洗濯する光景も見られた。
  
久留米市徳間の清水とくまのしみず 久留米市高良内町 朝妻の清水・磐井の清水と並び、高良三泉の一つ。5年ほど前の土砂崩落の流入により、今は立ち入り制限がなされ、湧水量も激減。
  
久留米市勝水 かちみず 久留米市御井町 高良大社の奥宮に見られる湧水で、この水を飲むと勝負に勝つと言われる。隆慶上人が天竺の無熱池の清涼な水を迎えいれたとの伝説あり。
  
豊前市畑の冷泉はたのれいせん豊前市
大字畑
水神社境内にある樹齢800年を越える大楠(市指定天然記念物)の根本から湧き出る清水は1日約25万リットルといわれ、連日多くの水汲み客で賑わう。
敷地内には季節の山菜等を使った料理が味わえる冷泉茶屋も営業しているほか、夏には全国的にも珍しい冷泉浴が楽しめる。
湧水保全を目的とした住民による湧水周辺の清掃 
豊前市乳の観音ちちのかんのん豊前市
大字挟間
千手観音像(国指定重要文化財)のお堂付近にある岩洞窟の岸壁からほとばしる湧水。
かつてこの湧水を飲んで乳の出が良くなったという言い伝えから「乳の観音」として親しまれ、毎日多くの人がこの霊水を汲みに訪れます。
湧水保全を目的とした住民による湧水周辺の清掃 
うきは市清水湧水きよみずゆうすいうきは市
浮羽町山北1941
"臨済宗清水寺の境内にこんこんと湧き出る清水湧水は、昔から飲料水や生活用水、農業用水として利用され、地域住民の生活を支えてきた貴重な命の水。昭和60年には環境庁の「日本名水100選」にも選ばれた。湧水量は1日あたり1000立方メートルで、水量は1年中安定している。水温17℃、無色透明、無味無臭でPH7・8度のきわめて良質の湧水である。
湧水保全及び環境保全を目的とした保存会による月1回程度の清掃活動の実施写真
うきは市やまんどん湧水やまんどん湧水うきは市浮羽町山北2212−7ぶどう、ブルーベリー、梨、柿、いちごと、四季折々のフルーツ狩りが楽しめる観光農園うきは果樹の村「やまんどん」では、地下90mから毎分40リットルの地下水で果物を栽培している。
所有者による日常の維持管理と水質検査の実施写真
糸島市油比の殿川ゆびのとがわ糸島市
油比163番地1
絶えず湧水が見られ、近年まで地元の生活用水として利用されていました。
現在は切石を組んだ井戸枠が復元され、東屋が立てられています。
不明 
糸島市泊産安の井戸とまりさんやすのいど糸島市
妊婦が出産に際し、この水を飲むと安産になるとの言い伝えがあり、かつては湧水量も多く、遠近から汲みに来る人があとを絶たなかった。
不明 
篠栗町独鈷水どっこすい篠栗町
若杉山頂付近
奥の院
弘法大師が杖でたたいた岩から吹き出したと言われる「独鈷水」が湧き出ています。
  
東峰村岩屋湧水いわやゆうすい朝倉郡
東峰村
大字宝珠山4031−5
岩屋湧水は、JR日田彦山線の釈迦岳トンネルから湧き出しており1日の湧水量は15,000トンで地域住民や森林保全団体による環境整備が行なわれ、地域からも親しまれている場所である。
また、福岡県で唯一「平成の名水百選」にも選定され、遠方からも多くの方が湧水を求めて訪れている。
年1回の水量・水質の調査の実施
清掃の実施
 
糸田町泌泉たぎり田川郡
糸田町
648番地
豊日別命や神功皇后にまつわる伝説も残っている泉。
関の山一帯に降った雨が、地下の石灰岩水脈をくぐりぬけて湧出しており、古くから生活水や灌漑用水としても利用されてきた。
金村神社や行政が、周辺環境保全のために、湧水周辺(公園も含む)の清掃や草刈等を定期的に行っている。 
みやこ町牛切峠の今昔水 うしきりとおげのこんじゃくすい みやこ町犀川木井馬場 峠の清水として古くから地元住民に親しまれている。また県道沿いに位置し飲用目的の水をくむ人々が多数訪れる。
清掃等 
築上町女鹿清水庵みようがしょうずあん築上郡
築上町
大字小山田1903番
炭焼主人が親子の鹿を湧水で介抱し助けたところ、その鹿は観音様の化身であった。
その湧水地に祠を建て女鹿清水観音としてまつり、今日まで信仰されている。
この湧水を飲むとお乳の出が良くなるといわれている。
上・下小山田地区が中心となり、清掃活動を実施。