本文へ

SUSTAINABLE
FASHIONこれからのファッションを持続可能に

ファッションのあり方をアップデートして、
次世代の環境につなげよう

ファッション産業は、製造にかかるエネルギー使用量やライフサイクルの短さなどから環境負荷が非常に大きい産業と指摘されており、国際的な課題となっています。そして、衣服の生産から着用、廃棄に至るまで環境負荷を考慮したサステナブル(持続可能)なファッションへの取り組みは、近年急速に拡がっています。一方、日本においては、そのような取り組みはまだ限定的なのが現状です。そこで、環境省は2020年12月〜2021年3月に、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を実施。私たちの衣服の背景をしっかりと見つめることから、消費者として、企業として、どのようにして改善できるかを考えていきましょう。

サステナブルファッション:
衣服の生産から着用、廃棄に至るプロセスにおいて将来にわたり持続可能であることを目指し、生態系を含む地球環境や関わる人・社会に配慮した取り組みのことを言います。このWebサイトでは、環境への影響にフォーカスを当てています。私たち一人一人がその改善に取り組み、持続可能なファッションをつくっていきましょう。

再生

FASHION&ENVIRONMENTファッションと環境の現状

ファッション産業の特徴や環境負荷等の実態を
5つのポイントで見てみましょう

1 産業の全体像 海外で生まれ日本で消費される服の一生

洋服が作られてから廃棄されるまでの流れ

ファッション産業では、原材料の調達、生地・衣服の製造、そして輸送から廃棄に至るまで、それぞれの段階で環境に影響を与えています。現在、企業においては環境負荷を少しでも低減させるための様々な取り組みが図られていますが、衣服は色々な素材が混合されてできており、また海外における生産段階は、数多くの工場や企業によって分業されているため、環境負荷の実態や全容の把握が困難な状態となっています。

POINT
グローバルに分業化された、長く複雑なサプライチェーンがファッション産業の特徴です。

2 製造段階 1枚の服にも、こんなに資源が!

生産時における産業全体の環境負荷
(原材料調達から店頭に届くまで)

私たちが店頭で手に取る一着一着の洋服、これら服の製造プロセスではCO2が排出されます。また、原料となる植物の栽培や染色などで大量の水が使われ、生産過程で余った生地などの廃棄物も出ます。服一着を作るにも多くの資源が必要となりますが、大量に衣服が生産されている昨今、その環境負荷は大きくなっています。

POINT
衣服の製造には様々な資源が必要となり、また環境負荷が発生します。

3 販売・利用段階 より安くより多くって、いいこと?

国内アパレル供給量・市場規模・衣類の
購入単価の推移

国内における供給数は増加する一方で、衣服一枚あたりの価格は年々安くなり、市場規模は下がっています。傾向として大量生産・大量消費が拡大しているとも言え、衣服のライフサイクルの短期化による大量廃棄への流れが懸念されます。

1人あたり(年間平均)の
衣服消費・利用状況

手放す枚数よりも購入枚数の方が多く、一年間一回も着られていない服が一人あたり25 着もあります。

POINT
ファッションの短サイクル化や低価格化がより多くの服を生み出し、消費されることにつながります。

4 3R活動 選ばれているのは、どんな別れ方?

服を手放す手段の分布

服を手放す手段は大きく分けて三つあります。一つ目は、リサイクルショップやフリマアプリ等を通じ古着として譲渡や売却すること。二つ目は資源として、または地域や店舗で回収してもらうこと。三つ目は可燃ごみ・不燃ごみとして廃棄すること。現状は可燃ごみ・不燃ごみとして手放される割合が最も高くなっていますが、再流通や回収にまわすことが重要となります。

手放したあとの服の行方

※各割合(%)は家庭から手放した衣類の総量を分母としています。
※リサイクル率14%にはウエス(機械手入れ用の雑巾)など繊維に戻らないものを含み、 またサーマルリサイクルについては除いています。
※リユース率20%には海外輸出される衣服を含みます、また古着の海外輸出は輸出先国の現地産業に影響を与える懸念がある為、国内における更なるリユースの推進が課題です。

手放した服がリユース・リサイクルを通じて再活用される割合の合計は約34%となっており、年々その割合は高まってきていますが、まだまだ改善の余地はありそうです。

POINT
私たちが手放した服のうち再利用・再資源化される割合はごくわずかです。

5 廃棄段階 捨てられた服のゆくえ

可燃ごみ・不燃ごみとして廃棄する理由

アンケートによると私たちが衣服をごみとして廃棄してしまう理由の殆どは「手間や労力がかからない」からです。労力や手間をかけずに、消費者にもメリットがある形で再利用・資源化を促す手段が求められそうです。

可燃ごみ・不燃ごみに出される衣類の量と
焼却・埋め立て量

服がごみとして廃棄された場合、再資源化される割合は5%程でほとんどはそのまま焼却・埋め立て処分されます。その量は年間で約48万トン。この数値を換算すると大型トラック約130台分を毎日焼却・埋め立てしていることになります。

POINT
毎日廃棄される大量の衣服を処理するためにも、環境負荷が生じており、現状を変えてゆく必要があります。

INTERESTサステナブルファッションへの関心

この先のファッションへ、
踏み出す準備はできている?

多くの関心を集めるサステナブル
ファッション!

サステナブルファッションへの関心割合

アンケートによると私たちの約6割がサステナブルファッションに関心を持っている、又は具体的な取組を行っており、サステナブルファッションへの関心は高まっていると言えます。

私たちの取組みが求められていること

「サステナブルファッションとは何か?どう動けばよいのか?」を整理し、情報発信することや服を処分する際に回収しやすくするなどが挙げられ、企業にも消費者にも、具体的なアクションが求められています。

ACTIONファッションと環境へのアクション

”明日から私たちが取り組めるアクション”

ファッションと環境の現状に対して、消費者と企業が一緒に取り組める対策が数多くあり、既に一部は実践されています。ここでご紹介する”明日から私たちが取り組めるアクション”を通じて、みんなでファッションと環境の未来をより良いものに変えていきましょう。

CONSUMER消費者として取り組めること

COMPANY企業として取り組めること

1今持っている服を長く大切に着よう

適切なケアをしたり、リペアするなどの工夫で、
1着の服を長く着ることができます。

CONSUMER消費者

1着との長いお付き合いを

私たちが今所有している一着をできるだけ長く着ましょう。たったそれだけで環境負荷が減らせます。現在よりも1年長く着ることで、日本全体として4万t以上の廃棄量の削減に繋がります。

COMPANY企業

長く着られる丁寧な服作り

長期間着られることを前提とした商品企画を行いましょう。消費者が実践するサステナブルファッションの1位が「所有する衣服を長い期間利用する」でした。

関連ワード: 着用期間の長期化、
エイジング(経年変化)、耐用年数、ものづくり

CONSUMER消費者

手を加えて愛着倍増へ

服のお直しやリペアを施すことで、想い入れのある一着を長く着ることができます。古くなったと感じる服でも、少し手を加えるだけで新たな魅力と共に蘇ります。

COMPANY企業

リペアで新たな価値作り

現時点でのマーケット規模は小さいですが、自社製品のリペアを事業として行うアパレル企業も数多く存在します。リペアを通じ自社製品と顧客との長期的な関係を維持しましょう。

関連ワード:お直し、リペア、6R、修復容易性、リペア市場の拡大、ウォーンウェア

COLUMN衣服のケア・洗濯について

着なくなった時に良好な状態で譲ったりできるように、丁寧に着るようにしましょう。素材にあったケアや洗濯を行うなどの心掛けで、衣服は長持ちするようになります。またフリース素材や起毛されている素材などの製品はマイクロファイバー流出を防ぐために専用の洗濯ネットに入れての洗濯を推奨します。対象製品に関しては洗濯ネームをご確認下さい。

2リユース(再利用)でファッションを楽しもう

家族、友人、世の中のみんなで着まわせば
ファッションの楽しみ方も広がります。

CONSUMER消費者

服をシェアして楽しもう

シェアリングサービスやレンタルサービスを活用すると普段は着ないような様々なアイテムも気軽に試すことができます。また、ファッションスワップ(衣服交換会)などでも楽しみながら好きな一着を見つけられます。

COMPANY企業

新たな服と出会える選択肢の拡大

サブスクリプション制の導入等で、売れ残りや値引きせざるを得ないことの多いデザイン性の高いアイテムからも収益があげられます。おしゃれを楽しむ機会を継続的に創出するレンタルサービスを始めませんか?

関連ワード:着用回数の増加、ファッションレンタル、ファッションスワップ、シェアリングエコノミー

CONSUMER消費者

セカンドハンド(古着)で何度でも楽しもう

バザーやフリーマーケットアプリ等により市場に再流通する衣服の量は、私たちが手放す衣服全体の2割程度、もったいないですね。服を服として再利用し続けることが、最も環境に優しく経済的です。

COMPANY企業

リユース市場の活性化

フリマアプリの流通額が拡大する一方で、1 年間1 回も着ていない服は一人あたり約25 枚も所有しています。着られていない衣服の再流通を促す取り組みを拡大していきましょう。

関連ワード:古着、中古ギフト、二次流通の機会創出、CtoCサービス、 リセールプラットフォーム

COLUMNおさがりについて

例えば「おさがり」させることで、想い入れのある一着を兄弟等で長く着ることができます。予め名前を複数記入できる工夫などを行っているブランドもあり、一着の服を世代を超えて着まわせます。

3先のことを考えて買おう

本当に必要かなど、
長い目で見て価値のある衣服を選びましょう。

CONSUMER消費者

本当に必要か見極めよう

衝動的に買って、ほとんど着てない服ありませんか? 私たちの約64%は所有する衣服の量を把握せずに服を購入しています。クローゼットを見直して、ちゃんと必要な服を買うようにしましょう。

COMPANY企業

適正な在庫管理

事前予約受注で売れ行きを予測してから発注するなど適正在庫に取り組み、アウトレットでの販売などを通じて最終的な売残りを数%に抑えられている企業も存在します。

関連ワード:退蔵衣服の見直し、ゼロウェイスト、適量生産、衣類ロスの削減

CONSUMER消費者

長く着られる品質を選ぼう

一着を長く着るために品質を重視し、価格に見合う価値ある商品を購入しましょう。私たちの衣類の購入単価は年々下がっていますが、同時に着用期間も短くなっています。

COMPANY企業

短サイクル化の見直し

約4人に1 人の消費者は「安く買い、流行のシーズンが終わったら処分するサイクルを見直したい」と感じています。セールを前提とした販売計画を見直し、シーズンを跨いでも販売する等の取り組み等が推奨されます。

関連ワード:高品質、スローファッション、短サイクル化の見直し、コレクションサイクルの再編、定番商品

COLUMNマイバックについて

コンビニやスーパーで、マイバックで買い物する人が増えているように、洋服店でもマイバッグの利用が進んでいます。様々なブランドからもエコバックが販売・配布されています。あなたのファッションに合うバックを選んでみませんか。

4作られ方をしっかり見よう

衣服の作られ方に目を向けるだけでも
サステナブルファッションの実践に繋がります。

CONSUMER消費者

その服の物語に目を向けよう

商品タグや表示ラベルを見たり、QR コード等で商品情報にアクセスしたり、店員さんやブランドに聞いたりして、素材や生産ルート等を確認しましょう。関心を持つという行為が、業界全体に大きな動きを促します。

COMPANY企業

トレーサビリティの確保

トレーサビリティを確保し、例えばサステナブルな素材の使用の有無などを消費者に伝えましょう。約5人に1 人が「環境に関する情報を、商品購入時に分かるようにしてほしい」と感じています。

関連ワード:商品タグ、表示ラベル、認証ラベル・マーク(オーガニックコットン、フェアトレード等)

CONSUMER消費者

“再生原料”との素敵な出会いを

再生された原料が使用されている衣服には、新品の原料とは異なる作り手の手間と想いが込められている”付加価値商品”です。端材を再利用して作られたジーンズ、ペットボトルから作られた靴紐など、その製造工程に秘められた驚きを探してみましょう。

COMPANY企業

アップサイクルへの挑戦

アンケートによるとアップサイクルという概念はまだ広く知られていません。一方で自社製品の在庫や回収品を利用した”染め直し”など、そのチャレンジングな取り組み姿勢が顧客からの好反応を得ている企業もあります。

関連ワード:リサイクルダウン、海洋プラスチック、再生ポリエステル、再生プラスチック、環境配慮型素材、

COLUMN国際認証やラベルについて

国際認証や環境ラベル等を活用することで、環境負荷の少ない製品を選ぶときの手助けになります。その一つにオーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)があります。 GOTSは繊維製品を製造加工するための国際基準で、 GOTSのラベルが付いた衣服は原料から製品まで全ての工程が第三者から検査・認証されているものです。他にも「国際フェアトレード認証コットンラベル」や「BCI」など、様々な主体からサステナブルな繊維製品を選ぶ際に参考となる認証やラベルが提供されています。
また、環境省では「環境ラベル等データベース」をHP上に公開しています。環境ラベルについて詳しく知りたい方は下記URLをご覧ください。

環境省 環境ラベル等データベース:http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/index.html

5服を資源として再活用しよう

ペットボトル回収のように、処分の仕方で
衣服も生まれ変わることができます。

CONSUMER消費者

古着を店舗に持ち込もう

古着回収を行っている店舗を、調べてみましょう。そこに持ち込めば、リサイクルに積極的な店舗の支援にもなります。服一着が回収によりゴミとして廃棄・焼却されなければ、約0.5kg のCO2が削減されます。

COMPANY企業

店頭回収の推進

アンケートによると、サステナブルファッションを推進する上での重要な取り組みとして「服を処分する時に、回収しやすくする」ことが上げられています。店頭回収の実施は、消費者ニーズに確実に答える取り組みです。

関連ワード:下取り、 店頭回収、回収ボックス、 広域認定制度の活用、自治体との連携

CONSUMER消費者

古着を資源として回収に出そう

多くの自治体が古着を資源として回収しています。回収方法などは各自治体のホームページで調べてみましょう。また、グループで集団回収を行えば、自治体より奨励金などを受けられることもあります。

COMPANY企業

服から服をつくる循環構築

リサイクル技術の更なる研究開発や低コスト化への取り組み等、個社だけでなく産業全体として衣服を再生させる仕組みの構築が求められています。ダウンサイクルさせず服から服を作る取り組みが始まっています。

関連ワード:集団回収、 資源ゴミ回収、 マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、混紡原料対応

COLUMN店舗回収について

様々な企業や団体が店頭にて不要な洋服を回収しリユースやリサイクルを行っています。例えば伊藤忠商事株式会社による「RENUプロジェクト」や日本環境設計株式会社が運営する「BRING」、株式会社ファーストリテイリングが取り組む「ユニクロダウンリサイクル」や一般社団法人 Green Down Projectが実施する「グリーンダウンプロジェクト」など。着られるものは寄付を行ったり、着られないものは素材やパーツごとにわけたリサイクル等を行います。あなたの身近な場所でも店舗回収の拠点が見つかるかもしれません。

PAGE-
TOP