ホーム > ネットde研究成果報告会 > 平成28年度 > 3K143016 都市廃棄物からの最も費用対効果の高い資源・エネルギー回収に関する研究

課題成果報告

3K143016 都市廃棄物からの最も費用対効果の高い資源・エネルギー回収に関する研究
研究代表者
所属名・氏名
藤井 実
((国研)国立環境研究所)
実施期間(年度)H 26 〜H 28
廃棄物からの効率的な資源・エネルギー回収による低炭素社会への貢献の重要性が増大している。一方、少子高齢化による人口減少等が予測され、将来の廃棄物量変化に備えた無駄のないリサイクル・廃棄物処理システムの計画が求められる。本研究では、大小の各都市において発生する廃棄物から、経済的かつ極めて効率的に資源・エネルギーを回収するための、原燃料化、発電・熱供給と廃棄物収集のシステムについてモデル化し、技術・政策提案を行う。研究成果を統合して、自治体の担当者等が経年的シミュレーションを実施可能なツールのプロトタイプを作成し、中長期的にも最適な計画作成・評価の支援を行うことで、環境政策に貢献する。

成果報告スライド

資料ダウンロード

報告スライド
3K143016 成果報告スライド PDF ( 3,371 KB)

←ネットde研究成果報告会 一覧ページへ  ↑ページトップへ