ホーム > ネットde研究成果報告会 > D-1003 野生動物保護管理のための将来予測および意思決定支援システムの構築

課題成果報告

D-1003 野生動物保護管理のための将来予測および意思決定支援システムの構築
研究代表者
所属名・氏名
坂田 宏志
(兵庫県立大学)
実施期間(年度)H22〜H24
ニホンジカ、イノシシのよう農林業被害の深刻な狩猟対象動物に、普遍的に対応できるシステムを考え、都道府県の担当者や、環境省の鳥獣保護管理の人材登録制度などにより確保された人材が、有効に活用できるツールとなることを目指します。

成果報告スライド

資料ダウンロード

報告スライド
スライド PDF ( 1.7MB)

この記事について

いいと思う! 興味が持てた

←ネットde研究成果報告会 一覧ページへ  ↑ページトップへ