屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産のページ 国立公園へ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 世界遺産とは? 世界遺産登録まで 連絡会議 科学委員会 ヤクシカWG あり方検討会 高層湿原検討会

屋久島世界遺産地域ヤクシカWG

 厳正な保護を図るべき屋久島世界遺産地域においてヤクシカの採食等により森林の植生や希少植物の生育などに悪影響が 出ていることから、世界遺産地域におけるヤクシカ被害について対策を講じるにあたり、科学的知見に基づいた助言を得ることを 目的として屋久島世界遺産地域科学委員会設置要項第4条第5項に基づきヤクシカ・ワーキンググループを設置しました。


《ヤクシカWG委員》(五十音順)

  • 荒田 洋一 (樹木医)
  • 小泉 透  (森林総合研究所多摩森林科学園研究専門員)
  • 松田 裕之 (横浜国立大学大学院環境情報研究院教授)
  • 矢原 徹一 (九州大学大学院理学研究院教授)
  • 湯本 貴和 (京都大学霊長類研究所所長)

《ヤクシカWG特別委員》(五十音順)

  • 杉浦 秀樹 (京都大学野生動物研究センター准教授)
  • 鈴木 正嗣 (岐阜大学応用生物科学部教授)
  • 手塚 堅至 (屋久島ヤクタネゴヨウ調査隊代表)
  • 濱崎 伸一郎 (野生動物保護管理事務所代表取締役)

  • ※ヤクシカWGには、検討テーマに応じて適宜、特別委員を追加することができます。

《議事次第》


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.