屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産のページ 国立公園へ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 世界遺産とは? 世界遺産登録まで 連絡会議 科学委員会 ヤクシカWG あり方検討会

世界遺産とは

▼ 世界遺産とは?

 世界遺産とは過去から引き継がれてきた人類の宝物であり、今日私たちが共に生き、そして未来の世代 に引き継いでいくものです。世界遺産の概念を特別なものにしているのは、遺産が「顕著な普遍的価値( outstanding universal value )」を有しているということです。世界遺産リストに登録された物件は、 最も優れた文化遺産、自然遺産や複合遺産として認められているのです。

[屋久島世界自然遺産 登録の効果と課題(H26.10.25)] [PDF 5MB]


▼ 世界遺産を保護することの意味

 世界遺産は世界の全ての人びとに属しており、それは国境とは関係ありません。エジプトのピラミッド はエジプト人にとってのみ価値のあるものではなく、日本やアルゼンチンの国民にとっても同じ顕著な普 遍的価値を持っています。世界遺産のいくつかは、他国の援助なしでは保存するための資金が不足し、崩 壊の危機に瀕しており、ひどければ消滅してしまうでしょう。ですから国際社会全体が世界遺産の保護の ために協力していくことが求められているのです。


▼ 世界遺産条約について

 世界遺産条約は正式には「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」といいます。
世界遺産条約が生まれたのは、地球上に存在するさまざまな文化遺産や自然遺産を、ある特定の国や民族 のものとしてだけでなく、世界のすべての人にとってかけがえのない宝物として保護していこうという考 えからでした。このため条約は、わたしたち人類が責任をもって保護すべき顕著な普遍的価値をもつ文化 遺産、自然遺産を認定し、そのリストを作成することを定めています。これによって、遺産の保護活動に 向けた世界中の人びとの国際協力が推進されることになります。
 世界中のあらゆる地域に国や民族が誇る文化財や自然環境があります。世界遺産条約はそれらが世界遺産 リストに登録されていてもいなくても、世界遺産と同じように保護されるよう奨励しています。
       「ユネスコ世界遺産年報1997-1998 」/(社)日本ユネスコ協会連盟発行より抜粋

1.条約の目的

 世界のすべての人に関係するような、すぐれて普遍的な価値をもつ遺産を保護するために、その重要性 を世界に呼びかけるとともに、国際協力を推進することを目的としています。同条約は、1972年ユネスコ 総会で採択され、1975年に発効しています。2006年1月現在で182ヶ国が批准。日本は1992年9月30日に125 番目の締約国になりました。

2.世界遺産リスト

 締約国にある文化遺産・自然遺産のうち「すぐれて普遍的な価値をもつ遺産」であると世界遺産委員会 が認めるものの一覧表のことです。2010年8月現在、自然遺産180、複合遺産(自然遺産でもあり文化遺産 でもあるもの)27、文化遺産704の合計911の遺産が登録されています。
 国内では自然遺産として1993年12月に屋久島、白神山地、そして2005年7月に知床、2011年6月に小笠原の登録が認められ、 合計4ヶ所が登録されています。また、文化遺産としては法隆寺の仏教建造物や姫路城など合計12ヶ所 が登録されています。

3.締約国の義務

  1. 国内的な保護:締約国は、自国内の文化遺産及び自然遺産の保護に最善を尽くす。 (努力義務)
  2. 国際的な保護:世界遺産委員会をユネスコに設置し、同委員会が次の業務を行うことにより国際的な保 護を図る。
    1. 締約国の提出する候補リストに基づき、世界遺産リストを作成。
    2. リストに記載された物件について、締約国の拠出金等からなる世界遺産基金を活用し、 保護のための援助を実施。

4.登録理由(自然遺産)

 世界遺産条約では『自然遺産』の条件として、以下のどれかを含むことが求められています。

  1. 生命進化の記録、重要な進行中の地質学的・地形形成過程あるいは重要な地形学的自然地理学的特徴を 含み、地球の歴史の主要な段階を代表する顕著な見本であること。
  2. 陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や生物群集の進化発展において重要な進行中の生態学的生物学的過 程を代表する顕著な見本であること。
  3. 類例を見ない自然の美しさ、または美的重要性を持ったすぐれた自然現象あるいは地域を包含すること 。
  4. 学術的・保全的視点から見てすぐれて普遍的価値を持つ絶滅のおそれのある種を含む、生物の多様性の 野生状態における保全にとってもっとも重要な自然の生息生育地を包含すること。

 以上のうち、屋久島は2および3に該当し、特に標高による連続植生、植生遷移や暖温帯の生態系 の変遷等の研究における重要性を持つこと、ヤクスギを含む生態系の特異な景観を持つことなどの特徴が 、学術的に大きな価値をもつものとして評価されました。


▼ 屋久島世界自然遺産の概要

 屋久島は、1993年12月11日に白神山地とともに日本初の世界自然遺産に登録されました。 屋久島の全面積の約2割に相当する10,747haが自然遺産地域として登録されています。


▼ 屋久島世界遺産地域管理計画

 屋久島世界自然遺産地域は、平成7年に策定された「屋久島世界遺産地域管理計画」に基づいて保全管理されていますが、 今般、現状に即した適切な計画とするとともに、新たな知見を踏まえた遺産地域の管理を進めるため、新しい屋久島世界 遺産地域管理計画を策定しました。

[管理計画本文] [PDF 519KB]
[概要] [PDF 160KB]
[パブリックコメント] [PDF 193KB]


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.