屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産のページ 国立公園へ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 世界遺産とは? 世界遺産登録まで 連絡会議 科学委員会 ヤクシカWG あり方検討会 高層湿原検討会

屋久島世界遺産地域高層湿原検討会

 屋久島世界遺産地域の高層湿原「花之江河」及び「小花之江河」は、入込者の増加、ヤクシカの急増などにより、その状態が短期間で急激に変化しつつあると考えられています。
 このため、屋久島世界遺産地域科学委員会の助言を得ながら、登山道やヤクシカの高層湿原に対する影響等を検証し、その結果を踏まえた実効性の高い保全対策の検討を行うため、 学識経験者等による「屋久島世界遺産地域における高層湿原保全対策検討会」が平成30年9月21日に設置されました。


《高層湿原検討会委員》(五十音順)

  • 井村 隆介 (鹿児島大学共通教育センター准教授)
  • 下川 悦郎 (鹿児島大学名誉教授)
  • 寺本 行芳 (鹿児島大学農学部砂防・森林水文学研究室准教授)
  • 百原 新  (千葉大学大学院園芸学研究科教授)

《議事次第》


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.