屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産のページ 国立公園へ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 世界遺産とは? 世界遺産登録まで 連絡会議 科学委員会 ヤクシカWG あり方検討会 高層湿原検討会

屋久島世界遺産地域科学委員会

 将来にわたって確実に世界遺産としての価値の保全を図るため、科学的な知見に基づく順応的 保全管理体制を構築する必要があります。また、2012年に予定されている世界遺産委員会での定 期報告に向け、屋久島の世界遺産としての価値を改めて確認するとともに、十分な保全管理体制 が構築することが求められています。
 このため、世界遺産に登録された屋久島の自然環境を把握し、科学的なデータに基づいた順応 的管理に必要な助言を得るため、学識経験者等により構成される「屋久島世界遺産地域科学委員 会」が平成21年6月28日設置されました。


《科学委員会委員》(五十音順)

  • 荒田 洋一 (樹木医)
  • 井村 隆介 (鹿児島大学共通教育センター准教授)
  • 大山 勇作 (屋久島野生植物研究所主宰)
  • 小野寺 浩 (鹿児島大学客員教授)
  • 小泉 透 (森林総合研究所多摩森林科学園研究専門員)
  • 柴崎 茂光 (国立歴史民俗博物館研究部民族研究系准教授)
  • 下川 悦郎 (鹿児島大学名誉教授)
  • 鈴木 英治 (鹿児島大学国際島嶼教育研究センター特任教授)
  • 土屋 俊之 (東京農工大学大学院農学研究院教授)
  • 寺岡 行雄 (鹿児島大学農学部農林環境科学科教授)
  • 中川 正二郎 (宮之浦岳参り伝承会会長)
  • 日下田 紀三 (写真家)
  • 松田 裕之 (横浜国立大学大学院環境情報研究院教授)
  • 矢原 徹一 (九州大学大学院理学研究院教授)
  • 湯本 貴和 (京都大学霊長類研究所所長)

《会議資料》


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.