屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園へ 登山情報のページ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 最新登山情報 屋久島山岳部利用対策協議会 登山におけるマナー/諸注意 携帯トイレの利用 縄文杉登山における注意事項 縄文杉快適登山日カレンダー

縄文杉登山における注意事項

◆荒川登山口への一般車両の乗り入れは規制されています◆

 山岳部への過剰な車両乗入れによる環境負荷の軽減と混雑緩和のため、縄文杉登山の登山口である荒川登山口への一般車両乗入れを 下記の期間終日規制しています。下記期間に荒川登山口へ向かわれる方は、 屋久杉自然館前から荒川登山バスにお乗り換えください。
また、規制期間以外に乗り入れる際も、大型トラックなどの通行の支障になることから、駐車禁止区域への駐車は絶対にしないようお願いします。
  • 【規制期間】毎年3月1日〜11月30日
 詳しい情報は 町道荒川線車両規制専用ホームページから。

◆縄文杉登山は午前7時までに出発を◆

 荒川登山口から縄文杉まで往復9〜10時間かかります。午前5時から、遅くとも午前7時頃までには出発しましょう。

◆公衆電話はありません◆

 荒川登山口に公衆電話はありませんが、携帯電話会社によって通じる場合があります。あらかじめご使用の携帯電話会社のホームページなどでご確認ください。

◆縄文杉登山道(森林軌道)通行時の注意事項◆

 荒川登山口から大株歩道入口まではトロッコが通りますので、森林軌道を通行する際は下記の事項を守ってください。
  • 横に並んで歩かない(縦列で歩く)。
  • 待避場所で休憩し、軌道上では休まない。
  • トロッコの通行に際しては、待避場所等の安全な場所で早めに待避する。
  • 途中の橋には手すりがない箇所もあるので、特に風の強い日の通行に際しては十分注意する。
  • 軌道(歩道)の施設に損害を与えない。
  • ペースが遅い方は、渋滞を作らないためにも速い方に道を譲りましょう。
  • 森林軌道の枕木の両端部分は、滑りやすく転倒事故が多発していますのでご注意ください。

◆縄文杉等の保護にご協力を!◆

 屋久島のシンボルで樹齢数千年の縄文杉は、昭和42年に一般に紹介されて以来、多くの登山者により周囲 を踏まれ、土壌が流出し根が露出したため、周囲の立入禁止や展望デッキの設置など保護対策を行っています。
  • 展望デッキの外に出ない。
  • テント設営等による宿泊や火気の使用は行わない。
  • 休憩所や高塚小屋で食事をする。
  • トイレは荒川登山口、三代杉、大株歩道入口又は高塚小屋で行う。
  • ゴールデンウィークなどは非常に混雑するため、デッキ利用は指導員の指示に従う。
  • 写真撮影ポイントは譲り合って利用する。

◆ウィルソン株の保護にご協力を!◆

 ヤクスギの切り株で最大級のウィルソン株は、近年、登山者の不適切な利用により周辺環境の悪化等が懸念されてい ます。ウィルソン株を守るため、皆様のご協力をお願いします。
  • 株を傷つけない。
  • 株に登らない。
  • 立入禁止地区に入らない。
  • 写真撮影は譲り合う。

◆喫煙ルールをお守りください◆

 荒川登山口から高塚小屋に至る縄文杉登山道では、屋久島の大自然を満喫していただくこと、山火事防止に資することを目的に、喫煙場所を設定し、設定場所以外での喫煙をご遠慮いただいています。
<喫煙場所>
@荒川登山口トイレ裏
A小杉谷東屋裏奥
B大株歩道トイレ奥
C高塚小屋トイレ奥

設定場所で喫煙される場合も、次の事項を守ってください。
  • 携帯灰皿を使用してください。
  • 山火事防止に努めてください
  • 周囲の人や自然環境に配慮してください。

△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.