屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園のページ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 屋久島国立公園の概要 屋久島自然保護官事務所の業務紹介 屋久島のウミガメ 屋久島パークボランティアの会

屋久島国立公園の概要

 屋久島は、昭和39年3月16日に霧島屋久国立公園の屋久島地域として国立公園に指定されました。 その後、昭和50年、昭和58年、平成14年及び平成19年に公園区域の変更が行われ、屋久島の約42%と口永良部島の全域が国立公園になりました。
 一方、霧島屋久国立公園については、平成19年度から平成22年度に実施した国立・国定公園総点検事業を踏まえて再編成が検討され、 平成23年12月22日に開催された中央環境審議会自然環境部会(第15回)において、 島嶼生態系を景観の主要構成要素としていること、 自然環境及び利用状況の面で特質が異なることなどの理由から、屋久島地域を国立公園として指定することをが決まりました。 屋久島国立公園は、平成24年3月16日の官報告示をもって、日本で30番目の国立公園として正式に指定されました。
 屋久島国立公園の公園区域面積は、24,566haです。屋久島の約42%にあたる20,989haと口永良部島全域にあたる3,577haが公園区域に指定されています。 また、地先海域も公園に指定されており、屋久島と口永良部島で合わせて7,987haになります。陸域と海域を合わせた公園面積は、32,553haです。 なお、屋久島国立公園の陸域の約39%(特別保護地区と第1種特別地域の一部)が世界自然遺産地域として登録されています。

 さらに詳しい情報はこちらから→  屋久島国立公園(環境省)


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.