屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園のページ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 屋久島国立公園の概要 屋久島自然保護官事務所の業務紹介 屋久島のウミガメ ウミガメについて ウミガメの里〜永田浜について〜 永田浜ウミガメ保全協議会 永田浜ウミガメ観察ルール よくある質問 屋久島パークボランティアの会

永田浜ウミガメ保全協議会

永田浜とウミガメ
 永田浜は永田集落に位置する「いなか浜」、「前浜」、「四ツ瀬浜」の総称で、屋久島最大の砂浜です。 この浜には毎年4月下旬から8月上旬にかけて多くのウミガメが産卵のために上陸し、7月上旬から9月下旬にかけてふ化した子ガメが海に帰っていきます。 アカウミガメの上陸数においては日本全体の30〜40%を占めており、北太平洋最大のアカウミガメの産卵地となっています。 このため、ウミガメの保護上非常に重要な場所として、平成14年に霧島屋久国立公園に指定され、平成17年にラムサール条約湿地※に登録されています。

ラムサール条約 ・・・国際的に重要な湿地及びそこに生息、生育する動植物の保全を促進することを目的 とした国際条約です。

ウミガメと永田集落の人との関わり
 かつて、ウミガメの卵は長寿の妙薬や妊婦の栄養源などの貴重なタンパク源として食料の一部とされていました。 ただし「子ガメになる卵を残す」という配慮もなされるなど、ウミガメを保護しながらうまく付き合ってきたことがうかがい知れます。

ウミガメ保護の経緯

主な出来事
1973 旧上屋久町が「上屋久自然保護条例」を制定
→罰則規定はないが、ウミガメの卵を食べる習慣は少なくなる。
1982 町の委託により、一湊浜と永田浜の監視業務開始
1988 鹿児島県が「ウミガメ保護条例」を制定
→ウミガメの捕獲及び卵の採取が禁止
2002 永田浜が霧島屋久国立公園に指定
2005 永田浜がラムサール条約湿地に登録
2006 ウミガメが自然公園法に基づく指定動物に指定
2009 「永田浜ウミガメ観察ルール」を指定

永田浜での取組
 永田浜では無秩序な利用を控えてもらうための観察会や、ウミガメの行動、生態を把握するための調査研究が行われています。
○ウミガメ観察会(永田ウミガメ連絡協議会)
 永田ウミガメ連絡協議会HP http://nagata-umigame.com/
○ウミガメに関する調査・研究、普及活動(屋久島うみがめ館)
 屋久島うみがめ館HP  http://www.k4.dion.ne.jp/~umigame/top.html
○5月1日から8月31日に永田浜へ訪れる方はこちらをご覧ください。
http://www.env.go.jp/park/yakushima/ywhcc/np/kansatu.htm


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.