屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園のページ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 屋久島国立公園の概要 屋久島自然保護官事務所の業務紹介 屋久島のウミガメ ウミガメについて ウミガメの里〜永田浜について〜 永田浜ウミガメ保全協議会 永田浜ウミガメ観察ルール よくある質問 屋久島パークボランティアの会

永田浜ウミガメ観察ルール

 屋久島町エコツーリズム推進協議会のウミガメ保護利用専門部会では、 ウミガメシーズンに永田浜へ訪れる方々に守っていただきたい事項をまとめた「永田浜ウミ ガメ観察ルール」を定めています。
 世界的に絶滅の危機に瀕しているウミガメの保護のため、どうぞご協力をお願いいたします。


 ウミガメ保護のため、5/1〜9/30の夜間、永田浜への立ち入りはご遠慮願います。ウミガメを観察する場合は、観察会に参加してください。
※令和3年度の観察会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となりました。
永田浜ウミガメ観察ルールは継続しています。ウミガメの保護のため、永田浜への夜間の立ち入りはご遠慮頂きますよう、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
  • 対象場所:永田浜(いなか浜、前浜、四ツ瀬浜) ※永田浜は3つの浜の総称です。
  • 対象期間・時間:5月1日〜9月30日 20時00分〜翌朝5時00分 ※日中は浜に入れます。

◆永田浜への立ち入りに関するルール◆

→ 5/1〜7/20の産卵期間は、ウミガメ観察会への参加をお願いします。

 屋久島町エコツーリズム推進協議会ウミガメ保護利用専門部会によるウミガメ観察会が開催されています。 観察会は、永田浜へ訪れる見学者へウミガメの生態や接し方を伝え、 大勢の方がむやみに浜中を歩きまわったり光を照らしてウミガメに悪影響を与えないようにするための活動です。 観察会は永田ウミガメ連絡協議会が運営しています。

*2021年の観察会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となりました。詳しくは永田ウミガメ連絡協議会までお問合せください。

    【ウミガメ観察会】 定員50名・事前予約制

    予約受付期間
    TELの場合…4/1〜7/20(13:00〜17:00)
    ホームページの場合…2/1〜7/20
    予約先
    永田ウミガメ連絡協議会 TEL:0997-45-2280 ホームページ
    観察会の流れ
    20:00受付
    20:30レクチャー
       ライブカメラ映像投影
       浜へ移動しウミガメの産卵を観察
    23:00終了
    開催場所
    受付・レクチャー…NPO法人屋久島うみがめ館
    ウミガメ観察 ……永田いなか浜
    参加料
    高校生以上2000円、中学生以下500円
    キャンセル
    やむをえない理由で予約をキャンセルされる場合は、必ず事前にキャンセルのご連絡をお願いします。

→ 7/21〜9/30のふ化期間は、夜間の浜への立ち入りはご遠慮願います。

 浜で子ガメを探し回ると、地中の卵や子ガメが踏まれて死んでしまう可能性があります。



観察会に関するお問い合わせ:
永田ウミガメ連絡協議会 TEL:0997-45-2280 ホームページ

観察ルールに関するお問い合わせ:
屋久島町エコツーリズム推進協議会ウミガメ保護利用専門部会事務局
屋久島町観光まちづくり課 TEL:0997-43-5900 

◆観察する時に守るルール◆

  1. 事前に必ずレクチャーを受けよう
  2. スタッフの案内に従ってください
  3. 光は消して
  4. むやみに歩かないで、騒がないで
  5. ウミガメには触らないで
  6. カメラ、ビデオ撮影は行わないで
  7. 酒類は持ち込まないで
  8. 喫煙はしないで
  9. ゴミは持ち帰ろう
  10. 観察会終了後は浜に立ち入らないで

◆昼夜ともに守るルール◆

ウミガメ保護柵
  1. ウミガメ保護柵内には立ち入らない
  2. 焚き火をしない
  3. キャンプをしない※
  4. 砂を採らない※
    ※永田浜(国立公園特別地域)においてテントを張る行為および土石(砂)を採取する行為は、自然公園法で原則禁止されています。

◆報道関係者、研究者の皆さまへ◆

 研究や報道を目的として永田浜を利用する場合は、
  1. 浜への立ち入りについて事前にご連絡ください。
     永田浜では、5/1〜9/30の夜間の浜への立ち入りをご遠慮頂いています。現場での混乱を避けるため、事前に環境省屋久島自然保護官事務所 TEL:0997-46-2992までご連絡ください。
     連絡様式:永田浜夜間研究・取材連絡届出書[WORD 33.5KB]
  2. ライトの使用やフラッシュ撮影は行わないで下さい。
     ウミガメの撮影を行う際には、赤外線カメラを使用する等ライトやフラッシュ撮影を行わないで ください。機器類の液晶画面やランプから漏れる光も布で覆う等してご注意ください。

資料

△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.