屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園のページ 登山情報へ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 屋久島国立公園の概要 屋久島自然保護官事務所の業務紹介 屋久島のウミガメ ウミガメについて ウミガメの里〜永田浜について〜 永田浜ウミガメ保全協議会 永田浜ウミガメ観察ルール よくある質問 屋久島パークボランティアの会

よくある質問

Q1:屋久島のウミガメはどうやったら観察できるの?
永田ウミガメ連絡協議会が行っているウミガメ観察会に参加してください。 ウミガメへ与える影響に配慮した定員を設けているため、事前の予約が必ず必要となります。
お問い合わせ先:TEL 0997-45-2280(13:00〜17:00) 【永田ウミガメ連絡協議会HP】
予約受付期間:4月1日〜8月31日

Q2:予約の電話が繋がらない・・・!?
回線が1つしかなく、順番に受け付けているため繋がらないことがあります。また、受付期間・時間も決まっています。 お手数ですが、4月1日〜8月31日 13時00分〜17時00分の間にお掛け直しください。
またインターネットからも、予約・問合せが可能です。 【永田ウミガメ連絡協議会HP】

Q3:観察会にはどうやって参加すればいいの?
NPO法人屋久島うみがめ館で、受付とレクチャーを行います。
受付時間までに受付をすませてご参加ください。
受付・開催時間:
        @20:00〜(受付19:30〜20:00)
        A20:30〜(受付20:00〜20:30)
        B21:00〜(受付20:30〜21:00)

Q4:観察会に参加するにはいくらかかるの?
協力金として高校生以上1500円がかかります(中学生以下無料)。 協力金は、浜の清掃費、観察員の人件費などに充てられます。

Q5:産卵するシーンは撮影できるの?
永田浜ウミガメ観察ルールにより、カメラ・ビデオ撮影は禁止されています。
ウミガメは外敵から身を守るために夜間上陸します。光を苦手とするウミガメは、 カメラのフラッシュだけでなく液晶画面の光にさえも敏感に反応し、上陸や産卵を止めて海へ帰ってしまうことがあります。

Q6:ウミガメや卵にはさわれるの?
鹿児島県ウミガメ保護条例によって県内全域の海岸(海域を除く)でウミガメを捕獲したり、卵を採取したりすることは禁止されています。 また、アカウミガメ及びアオウミガメは、国の法律(自然公園法)でも捕獲や殺傷などが禁止されている動物(指定動物)に定められています。 (子ガメを手に乗せる行為も“捕獲”になります。)調査や研究の際は許可が必要です。

Q7:永田浜には自由に入ってもいいの?
5月1日〜8月31日までの19時30分〜翌朝5時00分までは立ち入りはご遠慮願います。 永田浜ウミガメ観察ルールにより、この期間中は、浜への立ち入りをご遠慮いただいています。

Q8:子ガメが海に帰る様子は見られるの?
子ガメは自然状態で自力でふ化・脱出します。自然状態で海に帰る子ガメと人間が遭遇する可能性は極めて低いです。ご自身で探し回られると地中の卵や子ガメが踏まれて死んでしまう可能性があるため、むやみに歩き回ることはご遠慮ください。 8月1日〜8月31日の期間、永田ウミガメ連絡協議会が子ガメ放流の観察会を開催しています。この観察会では、NPO法人屋久島うみがめ館が調査中に保護した子ガメを海に帰す様子を見学します。 こちらに参加し、子ガメの観察を行って下さい。(事前の予約が必要です)
予約・お問い合わせ先:TEL 0997-45-2280(13:00〜17:00) 【永田ウミガメ連絡協議会HP】
予約受付期間:4月1日〜8月31日
なお、昼間の子ガメ放流は、ウミガメの本来の行動と異なり、生存率の低下をもたらす可能性があるため、屋久島では行われていません。

Q9:永田浜ウミガメ保全協議会と永田ウミガメ連絡協議会の違いは?
【永田浜ウミガメ保全協議会】
永田浜におけるウミガメの保護及びその産卵・ふ化環境の保全と、適正な利用のあり方を協議するために、平成21年12月9日に設立された協議会です。 永田ウミガメ連絡協議会の他、環境省、鹿児島県や屋久島町などによって構成されています。
【永田ウミガメ連絡協議会】
地元の永田区が組織する団体で、ウミガメ観察に訪れる観光客から静かな産卵環境を守るために活動を開始しました。 5月1日〜8月31日までウミガメ観察会を行っています。

Q10:永田浜以外でも観察会はあるのでしょうか?
栗生浜においてウミガメの観察会を実施しています。詳しくは屋久島町環境政策課自然環境係までお問い合わせ下さい。 TEL:0997-42-0100


△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.