本文へジャンプ

野生鳥獣の保護及び管理に係る計画制度

特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドライン(クマ類編・平成28年度)

ガイドライン【全文】 [PDF 6,206KB]


目次


T.クマ類の保護・管理の現状と課題

1.
クマ類の特定鳥獣保護管理計画策定状況
2.
クマ類の現状
3.
ガイドライン改訂にあたっての課題

U.クマ類の保護・管理の基本事項

1.
クマ類の保護・管理の目的
2.
クマ類の保護・管理の基本的な考え方

V.特定計画(保護・管理)の作成と実施

1.
計画の名称と考え方
2.
計画の名称と考え方
3.
保護・管理すべき鳥獣の種類
4.
計画の期間
5.
保護・管理が行われる区域(対象地域)
6.
現状の整理
7.
第一種特定鳥獣の保護の目標/第二種特定鳥獣の管理の目標及び評価指標の設定
8.
第一種特定鳥獣の捕獲に関する事項/第二種特定鳥獣の数の調整に関する事項
9.
生息地の保護・整備に関する事項及び被害防除・出没抑制対策
10.
その他保護・管理のために必要な事項

W.クマ類の保護・管理を適切に実行していくための施策及び方法

1.
ゾーニング管理の推進
2.
広域的な保護・管理の推進
3.
モニタリング及び施策へのフィードバック

X.資料編

1.
クマ類の生物学的特徴
2.
個体数水準を区分する基準
3.
ツキノワグマの保護管理ユニット及び監視区域
4.
事例集
 

Y.参考文献・参考資料

ガイドラインを読む方へ