環境省大気環境・自動車対策揮発性有機化合物(VOC)排出抑制検討会

揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会
接着小委員会(第4回)議事要旨


1.日  時 平成17年1月14日(金)9:30〜12:30
2.場  所 経済産業省別館 944号会議室
3.議  題
 (1)接着施設における揮発性有機化合物の排出抑制について
 (2)その他
 
4.議  事

○事務局より第2回揮発性有機化合物排出抑制専門委員会の審議結果について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は次の通り。

  • 今回の潜在的VOC排出量を検討するに当たってEUの規制を用いているが、EUでは消費量で見ており、対応しないのではないか。
  • 今回の案だとほとんどが規制対象となるため、自主管理の余地が無くなる。
  • 業種毎に法規制と自主管理の割合を考えて欲しい。

○事務局より接着に係る規制対象施設案について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は次の通り。

  • 参考資料からは、50トン以上排出する接着剤塗布施設が26施設あるが、少ないから対象としないということでいいのか。
  • 排風量をもう少し細かく区切って検討すべき。
  • ゴム糊引布製造の裾切りを毎時15,000立米にすべき。
  • 排出量が50トン以下でも排風量が毎時1万立米を超えるものがあるので裾切りを上げるのはおかしいのではないか。
  • 排出量が少ないが、排風量で規制対象となる施設については、濃度基準を達成する程度の濃度で排出されているのではないか。
  • 第2回排出抑制専門委員会では、業種間の公平性についても議論が行われたが、排出量で横並びを見る方が公平ではないかとの結論であった。
  • 排風量を緩めると、基準値を厳しくしなければいけなくなるのではないか。
  • 染色業においては、乾燥施設の排気ブロワは毎分250立米以上のものが大規模と考えている。
  • 処理方法毎に濃度基準を変えるべきではないか。
  • 事業者より詳細なデータを出して頂いて、検討するのが適当ではないか。

○事務局より接着に係る規制対象施設の排出基準値案について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は次の通り。

  • 90%処理を行った施設でも1,400ppmCとなる場合もあるため、現状であれば濃度基準を超えることになる。
  • 少ないデータで決めるのは問題ではないか。
  • EUの基準で見ると100ppmC程度であり、今回の基準案はEUの10倍緩い基準になっている。
  • 接着については業界の特殊性を考慮して、他の類型より緩い基準となっている。
  • 溶剤回収処理の場合、極性がある物質は回収が難しいため、そのまま大気放出を行っており、その点を留意して欲しい。
  • 業界の自主取組を評価して欲しい。数値ありきの議論はいかがかと思う。

○事務局より経過措置等について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は次の通り。

  • 経過措置についてはEUでは9年となっていることに留意すべき。
  • 2施設に対して1つの処理装置を設置するのが一般的なので、1施設しかない事業所には過大な負担となるので中小企業性を考慮して欲しい。
  • 処理メーカーの供給可能量についても把握した上で検討するべき。
  • 排出ガスの希釈については考慮する必要はない。

○規制対象施設の規模、濃度基準、経過措置については、もう一度議論を行うこととなった。また、委員が意見を出す場合は、その根拠となるデータも合わせて示して頂くこととなった。

5.本件に対する問い合わせ先
  環境省環境管理局大気環境課 03−5521−8294
 
<配付資料>
資料1−1 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会接着小委員会委員名簿 [PDF 15KB]
資料1−2 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会接着小委員会(第3回)議事要旨(案)(委員限り)
資料2 第2回揮発性有機化合物排出抑制専門委員会審議結果(横断的事項について) [PDF 22KB]
資料3−1 接着に係る規制対象施設施設の裾切り指標及び数値(案) [PDF 33KB]
資料3−2 接着に係る規制対象施設の施設の排出基準値(案) [PDF 21KB]
資料3−3 経過措置等について [PDF 9KB]
<参考資料>
参考資料1 裾切り数値の検討のための業界団体提出データ(総括資料) [PDF 17KB]
参考資料2 環境省VOC排出濃度実測調査結果 [PDF 22KB]
参考資料3 特定の活動及び設備における有機溶剤の使用によるVOC放出の抑制のための理事会指令(EU)における放出限界値(排出濃度基準) [PDF 13KB]
参考資料4 水素炎イオン化形VOC分析計(FID)の規格(案)(第3回揮発性有機化合物測定方法専門委員会配付資料) [PDF 20KB]
参考資料5 VOC触媒酸化―非分散形赤外線分析計(NDIR)の規格(案) (第3回揮発性有機化合物測定方法専門委員会配付資料) [PDF 16KB]