■一覧■

(旧厚生省情報)


平成12年6月23日
<照 会 先>
 旧厚生省水道環境部産業廃棄物対策室
  (直通)3595−2372

産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成9年度実績)について


 平成9年度における全国の産業廃棄物の排出及び処理状況等に関する状況について調査し、その結果を取りまとめたので公表する。なお、結果の概要は次のとおり。

1.産業廃棄物の排出・処理状況(平成9年度実績)
(1)全国の産業廃棄物の総排出量

○ 「廃棄物の減量化の目標量」(平成11年9月28日政府決定)において算出した前年度 (平成8年度)の総排出量に比べ、約1,100万トン(約2.6%)減少。
平成9年度総排出量 約4億1,500万トン(前年度 約4億2,600万トン※)

※ ダイオキシン対策推進基本指針(ダイオキシン対策関係閣僚会議決定)に基づき、政府が平成22年度を目標年度として設定した「廃棄物の減量化の目標量」(平成11年9月28日政府決定)において算出した平成8年度の総排出量

(2)業種別排出量

○ 前年度と同様、上位6業種で総排出量の約8割。
1 農 業     約9,400万トン(22.7%)(前年度 約7,252万トン 17.9%)
2 電気・ガス・熱供給・水道業 約8,637万トン(20.8%)(前年度 約7,997万トン 19.8%)
3 建 設 業   約7,714万トン(18.6%)(前年度 約7,714万トン 19.1%)
4 パルプ・紙・紙加工品製造業 約2,708万トン( 6.5%)(前年度 約2,830万トン 7.0%)
5 鉄 鋼 業   約2,406万トン( 5.8%)(前年度 約2,803万トン 6.9%)
6 鉱 業     約2,352万トン( 5.7%)(前年度 約2,800万トン 6.9%)

(2)業種別排出量

○ 前年度と同様、上位6業種で総排出量の約8割。
1 農 業     約9,400万トン(22.7%)(前年度 約7,252万トン 17.9%)
2 電気・ガス・熱供給・水道業 約8,637万トン(20.8%)(前年度 約7,997万トン 19.8%)
3 建 設 業   約7,714万トン(18.6%)(前年度 約7,714万トン 19.1%)
4 パルプ・紙・紙加工品製造業 約2,708万トン( 6.5%)(前年度 約2,830万トン 7.0%)
5 鉄 鋼 業   約2,406万トン( 5.8%)(前年度 約2,803万トン 6.9%)
6 鉱 業     約2,352万トン( 5.7%)(前年度 約2,800万トン 6.9%)

(3)種類別排出量

○ 前年度と同様、上位3品目で総排出量の約8割。
1 汚 泥    約1億9,617万トン(47.3%)(前年度 約1億9,316万トン 47.7%)
2 動物のふん尿   約 9,371万トン(22.6%)(前年度 約 7,221万トン 17.8%)
3 がれき類  約 5,699万トン(13.7%)(前年度 約 6,139万トン 15.2%)

(4)産業廃棄物の処理状況

○ 再生利用量、減量化量及び最終処分量の比率は、前年度とほぼ同じ。
・ 再生利用量 約1億6,900万トン(40.7%)(前年度 約1億8,100万トン 42.4%※)
・ 減量化量   約1億7,900万トン(43.1%)(前年度 約1億8,500万トン 43.4%※)
・ 最終処分量 約 6,700万トン(16.1%)(前年度 約 6,000万トン 14.1%※)

※ 「廃棄物の減量化の目標量」における平成8年度の処理状況

2.最終処分場の残存容量(平成10年4月1日現在)
○ いぜんとして厳しい状況。
・ 全 国  21,004万m3(対前年 237万m3増、3.1年分)
・ 首都圏  1,405万m3(対前年 505万m3減、0.7年分)


  I.産業廃棄物の排出・処理状況について

  II.産業廃棄物最終処分場の残存容量等について