環境省総合環境政策

環境政策における予防的方策・予防原則のあり方に関する研究会報告書

 環境省では、環境影響の発生の仕組みや影響の程度などについて科学的な不確実性が存在する場合に環境政策決定者はどのように取り組むべきかという問題に対し、近年国際的な議論の対象となっている予防的取組方法(precautionary approach)ないし予防原則(precautionary principle)の考え方について、環境政策分野におけるあり方の検討に資するため、委託研究会において、内外の基本的な情報を収集・整理・検討し、研究会の成果を報告書として取りまとめました。

※本報告書は、当ホームページよりダウンロードが可能です。また、希望される方にはCD−R(実費着払い 520円+郵送料)にて配布いたします。ご希望の方は、下記連絡先まで「予防的方策・予防原則研究会報告書」と明記の上、住所・氏名・TELを記入してFAX又はメールでお申し込み下さい。

問い合わせ先:社団法人 環境情報科学センター
〒102-0074 京都千代田区九段南4-7-24 トゥーラント88ビル
Tel:03-3265-3916 Fax:03-3234-5407 E-mail tanimura@ceis.or.jp
担当:谷村、黒川


目次

表紙 [PDF 10KB]
環境政策における予防的方策・予防原則のあり方に関する研究会委員名簿 [PDF 63KB]
環境政策における予防的方策・予防原則のあり方に関する研究会報告
資料の作成方法 [PDF 72KB]
資料1. 国際協定等における「予防」の位置付け(年表と個表) [PDF 129KB]
資料2. 諸外国の環境法令における「予防」の位置付け [PDF 111KB]
資料3. EC:予防原則に関するEUコミュニケーション [PDF 146KB]
資料4. EC:早期警告からの遅い教訓 5章及び15章 [PDF 372KB]
資料5. 米国:規制の計画及び審査に関する大統領令 [PDF 76KB]
資料6. Codexにおける米国とECの文書 [PDF 176KB]
資料7. 米国:グラハム室長発言「リスクの評価と管理における予防の役割:米国の見方」 [PDF 35KB]
資料8. WHO:公衆の健康保護のための予防的枠組み [PDF 406KB]
資料9. OECD:不確実性と予防:貿易と環境への影響 [PDF 232KB]
(原文) [PDF 633KB]
資料10. カナダ:予防的取組方法・予防原則に関するカナダの展望 [PDF 292KB]
資料11. カナダ:リスクに関する科学を基礎とした意思決定における予防の適用の枠組み [PDF 125KB]
資料12. 英国:予防原則・政策と運用 [PDF 95KB]
資料13. 我が国における「予防」の位置付け [PDF 69KB]
資料14. 予防原則Q&A((社)日本化学工業協会) [PDF 52KB]
資料15. ウイングスプレッド宣言 [PDF 17KB]