環境にやさしい商品・サービスを提供する「環境ビジネス(SDGsビジネス)」
このサイトでは、「環境ビジネス(SDGsビジネス)」を展開する企業を紹介します

 令和元年度は、「SDGs、特に地域循環共生圏の創造による持続可能な地域づくりに向けた取り組みを推進している企業」等を対象に ヒアリング調査を行いました。その調査結果から、地域主体の取り組みと企業主体の取り組みを先進的事例として紹介します。

 2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画では、国連「持続可能な開発目標」(SDGs)や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、複数の課題の統合的な解決というSDGsの考え方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。 ”地域循環共生圏“とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、環境・経済・社会が統合的に循環し、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方であり、地域でのSDGsの実践(ローカルSDGs)を目指すものです。また、「地域循環共生圏」の具現化に向けて「自律分散型のエネルギーシステム」、「人に優しく魅力ある交通・移動システム」「健康で自然とのつながりを感じるライフスタイル」「災害に強いまち」「多様なビジネスの創出」の5つの軸で整理しています。

地域循環共生圏

地域主体

企業主体

 交通

 ライフスタイル

 防災

参考事例