課題名

B-13 地球温暖化による人類の生存環境と環境リスクに関する研究

課題代表者名

安藤 満 (環境庁国立環境研究所)

研究期間

平成2−4年度

合計予算額

54,300千円

研究体制

(1) 熱波・熱ストレスによる健康影響に関する研究

   個入影響(個人の生理学的影響)に関する研究(環境庁国立環境研究所)

  集団影響(社会集団の生活様式、生活行動への影響)に関する研究(厚生省国立公衆衛生院)

(2) 動物媒介性感染症の拡大予測に関する研究(平成3−)(環境庁国立環境研究所)

研究概要

 IPCCおよびWHOの報告によると、地球温暖化の健康に対する直接影響を検討する際は、著しい気象現象の加速、特に大陸内陸部やヒートアイランド現象の著しい大都市で観察される夏期の暑熱による熱ストレスの解析が重要である。夏期の暑熱の負荷増大は、高齢者等のハイリスク集団の健康に深刻な影響を及ぼすと予想されるため、緊急の調査研究が必要とされている。このため健康影響やライフスタイルに関する疫学調査研究を国内と中国において実施するとともに、地球環境シミュレーターを用いた動物実験により細胞、組織レベルの暑熱による障害発生機構を解明し、疫学調査結果の理論的検討を行い、総合的な健康リスクを試みた。

 さらに地球温暖化の健康に対する間接影響として、マラリアやデング等の動物性媒介性感染症の発生域が拡大する恐れがあり、疫学調査研究を必要としている。このため、マラリアおよび媒介蚊の分布と地理的気象条件との関連を、中国南部における現地調査、沖縄における媒介蚊の分布の調査により明らかにし、温暖化によるマラリアの拡大の可能性の予測を試みた。

研究成果

1.猛暑が頻発する中国南京市における熱波時の実態調査により、高体温症発生には閾値が存在し、数日連続して平均32℃を超えた最初の猛暑の時期に、熱射病患者が多発していた。再度の猛暑の時期における熱射病患者の発生は、最初ほど著しくない。このように暑熱による健康影響が、生理生化学的適応と社会的適応の発現により顕著に異なってくることが判明した。熱波の際の気温にIPCCの上位昇温予測値を加味したモデル実験を施し、健康障害の発生機構を解析した。暑熱下では動物は高体温症を示すとともに、中枢機能の低下により睡眠の質が変化し、非レム睡眠(徐波睡眠)相(episode)の回数が老齢動物では有意に減少した。また高体温症の動物においては肝静脈周囲の細胞に腫大と膨化変性が起こり、細胞のラジカル障害と脂質過酸化障害、細胞の膜構造の変性や代謝機能の低下等、広範な生体障害作用が起こる一方、ラジカル障害に対する生理生化学的防御機構が発現することが判明した。このため今後高体温症による広範な生体障害の機構として免疫系や生体防御系機能の関連性を明かにする必要があることが判明した。

2.地球温暖化が人々の日常および労働生活にどのような影響を与えるのか予測するため、24時間の心拍数と温度環境の変動から検討した。その結果外気温よりも個人の温度環境の方が暑熱適応における行動の多様さを反映しており、行動別温度環境と心拍数から影響を評価できることが判明した。また入口動態統計を用い日最高気温と死亡率の関係を調査したところ、日最高気温の上昇につれ総死亡は減少するが、33℃以上においては再び増加するV字型のパターンを示すことが判明した。さらに気温と各栄養摂取量との間には負の相関関係が認めら、栄養状態の変化と合わせた継続観察が必要なことが判明した。

3.温暖化によるマラリアの拡大を予測するための基礎資料となるマラリアおよび媒介蚊の分布と地理的気象条件との関連を明らかにするために、マラリア分布北限の一つと考えられている中国雲南省における現地調査と沖縄における過去からの媒介蚊の分布について調査研究を行った。その結果雲南省におけるマラリア陽性率は約10%で、周辺地域を含めればマラリアの有病地から無病地までを選ぶことが可能となった。また沖縄においてはマラリア防止対策によりマラリア媒介蚊であるコガタハマダラカ、シナハマダラカは消滅したが、現在では再び石垣島や宮古島の渓流等に普通に生息していることが確認され、今後の防止対策が重要なことが判明した。