課題名

B-10 地球の温暖化による海水面上昇等の影響予測に関する研究

課題代表者名

赤桐 毅一 (建設省国土地理院地理調査部地理第二課)

研究期間

平成2−4年度

合計予算額

195,998千円

研究体制

(1)海水面上昇による沿岸への影響予測に関する研究(建設省国土地理院)

(2)宇宙測地技術を用いた海水面上昇の影響予測に関する研究

  …蕎型可搬型VLBI局の開発に関する研究(郵政省通信総合研究所)

 ◆VLBIおよびGPSによる験潮場の位置測定に関する研究(建設省国土地理院)

(3)古環境解析による地球温暖化に伴う沿岸環境の影響評価に関する研究

(通商産業省工業技術院地質調査所)

(4)沿岸域の社会基盤システムの影響評価に関する研究

   ̄茣澑洞蘇床措衙ヽ発と日本・アジア・島しょ国の脆弱性評価に関する研究

(運輸省港湾技術研究所)

 ◆‥腓靴膵颪任粒た緻名緇困砲茲訃断筏’修反賛への影響に関する研究

(建設省土木研究所)

研究概要

 温室効果ガス濃度の上昇による地球的規模での温暖化により、現在から将来にわたる海水面の上昇(年間6mm程度、2100年までに65cmIPCC中位推定)が予測されている。これらに付随して気象、海象、水文条件等の変化が予想されており、全世界の沿岸低地に洪水、高潮、内水氾濫、越波、塩害等の災害による大きな被害が懸念される。これらに対応して的確に対策を講じるためには、海水面上昇量や沿岸部の環境条件の変化を精度良く把握し、それらに基づき沿岸域での自然・社会・経済的影響について、定量的な評価を行う。そのために国内及び海外において調査・研究し、世界各地に適用できる方法を確立する。

研究成果

1.衛星画像情報などを用いて得られた沿岸域の地盤高情報、土地利用情報と、各種社会統計資料より導かれた生産性、地価などの原単位(単位面積あたりの資産密度)を組み合わせることによって、浸水予想地域の社会経済的損失を推定する手法を開発した。

2.現在の海水面上昇速度を正確に捉えるため、検潮所の絶対位置の測定に用いるVLBI及びGPS観測の精緻化、迅速化を可能にするため、可搬型VLBI受信装置、移動型観測室の開発と性能試験を行い、高精度の観測を可能にした。

3.サロマ湖、常呂平野におけるボーリング試料に基づいて、海岸の生態系の変化及び古地理変遷を調査し、最終氷期以降のオホーツク海の海水準変動が海岸の沿岸環境に及ぼした影響を明らかにした。

4.海水面上昇が沿岸域の社会基盤システムの機能に及ぼす影響を明らかにするための影響系統樹を策定し、日本、東南アジア、島しょ国の沿岸域において現れると予想されるそれぞれの特徴的な影響の程度を明らかにし、脆弱性及び外的な制約条件を明らかにした。

5.島しょ国において、海水面上昇により頻発化する高波が地形変化に及ぼす影響を水理模型実験によって把握し、保全施設としての離岸堤の機能も併せて評価した。