検索画面へ
  Go Research

課  題  名

RF-073 浮遊粒子状物質(SPM)および大気汚染物質の脳型多変量解析技法の開発[PDF](521KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](296KB)

課題代表者

神部 順子(江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科)

研究期間

平成19−20年度

合計予算額

5,855千円(うち20年度 2,755千円)

研究体制

 (1)浮遊粒子状物質(SPM)および大気汚染物質の脳型多変量解析技法の開発
      (江戸川大学)