当HPは、サプライチェーン排出量(スコープ1~3)や
SBT(企業版2度目標:Science Based Targets)、WMB(We Mean Business)等
に関する環境省情報プラットフォームとして、
関連動向、算定方法等に関するトピックを掲載しております。

トピック

NEW「企業版2℃目標フォーラム(第1回)」の開催
SBT(企業版2℃目標、Science Based Targets)やRE100(100%再エネ導入)など、脱炭素経営に意欲を持つ企業、ESG投資を行う金融機関、再省蓄エネサービスの提供企業が一堂に会し、脱炭素経営の意義と行動内容を共有する「第1回企業版2℃目標フォーラム」を6月27日に開催。
■開催形式
主催:環境省、CDP
日時:2018年6月27日(水)14時~16時
場所:中央合同庁舎5号館22階 環境省 第1会議室
YouTube 環境省動画チャンネル でのライブ配信をも行います。
http://www.youtube.com/kankyosho(外部リンク)
*後日、10分程度の編集版を掲載します。
■プログラム(予定)
PRI(責任投資原則)議長 Martin Skancke氏から、脱炭素経営の推進に向けたスピーチをいただきます。また、脱炭素経営に意欲を持つ企業、金融機関、投資家、再省蓄サービスの提供企業から、脱炭素経営の意義と行動内容について、スピーチをいただきます。中川環境大臣からも、今後の環境省の政策の方向性について、スピーチをいたします。
<登壇者予定>
・脱炭素経営を実践している企業、意欲を持つ企業
アスクル株式会社 CSR・総務統括部長 梶川 伸一
鹿島建設株式会社 代表取締役副社長 渥美 直紀
積水ハウス株式会社 常務執行役員 環境推進部長 石田 建一
大和ハウス工業株式会社 技術本部 環境部長 小山 勝弘
日本郵船株式会社 財務グループ 統轄チーム
課長代理
白根 佑一
日立キャピタル株式会社 営業統括本部副本部長、日本地域担当
環境・エネルギー事業本部長
環境推進委員会担当・執行役常務
安栄 香純
株式会社明電舎 代表取締役 取締役副社長 倉元 政道
・再エネ省エネ蓄エネなど脱炭素経営のためのソリューションを提供する側の企業
自然電力株式会社 代表取締役 長谷川 雅也
ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社 代表取締役社長 竹内 一弘
みんな電力株式会社 代表取締役 大石 英司
・金融機関、投資家
第一生命保険株式会社 責任投資推進室長 銭谷 美幸
日本生命保険相互会社 クレジット投資部 クレジット投資部長 日原 龍
三井住友信託銀行株式会社 経営企画部 サステナビリティ推進室長 後藤 文昭
メリルリンチ日本証券株式会社 副会長 林 礼子
・PRI(責任投資原則)議長 Martin Skancke氏
・中川環境大臣(予定)
※プログラムは都合により変更することがございます。
NEWSC(サプライチェーン排出量)、SBT(企業版2℃目標)、WMB(RE100、EP100、EV100など)に関する最新動向などを掲載中(2018年6月14日更新版)。

*:RE100、EP100、EV100を含む

NEWSBT設定マニュアル(和訳)を掲載
SBTを設定する際の段階的なガイダンス及び推奨事項についてまとめられたものを暫定的に日本語に仮訳したものを掲載。
ページ先頭へ