地球環境・国際環境協力

気候ウィーク2018

概要

 パリ協定の下、脱炭素社会を実現するためには、政府のみならず、非政府主体(企業・自治体・NGO等)の役割が極めて重要であり、政府と非政府主体が連携し、温室効果ガス排出削減に向けた我が国の気運を高めていく必要があります。
そこで、11月19日から12月2日までの2週間、「気候ウィーク2018」を開催し、環境省で気候変動対策に資する様々なイベントを開催するとともに、非政府主体が期間中に開催する気候変動対策に資するイベントを集中的に発信することで、気候変動対策に対する理解や取組の促進を図ります。(開催については9/4に発表済み。http://www.env.go.jp/press/105932.html
 これは、本年12月2日~14日にポーランドで開催※されるCOP24に先立ち、我が国の気候変動対策への気運を高めるための、タラノア対話の一環としての取組です。
 この度、各主体が企画・開催するイベントの登録受付を開始しました。登録いただいたイベントにつきましては、本ウェブサイトにて公表します。
 ※当初は12月3日からの開催予定でしたが、12月2日からの開催予定と変更になっております。

登録方法

  下記登録要件に当てはまるイベントを企画している団体は、登録様式に必要事項を記載の上、事務局 climateweek@env.go.jp 宛にメールに添付してご提出ください。

 <登録要件>

  • 気候ウィーク2018期間中に開催する気候変動対策に資するイベントであること
     例)気候変動に関する講演会やフォーラム等の開催、温室効果ガス削減の取組の発表イベント 等
  • 他者への批判的な内容や誹謗中傷、猥褻な内容、攻撃的な内容等といった不適切な内容を含まないもの
  • 登録・開催主体が反社会的勢力またはそれに類する者ではないもの

 <登録様式>
 気候ウィーク2018イベント登録様式
 登録いただいたイベントのうち、上記を満たしているか事務局が確認し、要件を満たすものは基本的にすべて本ウェブサイトに掲載します。確認の過程で、提出元の信頼性を確保するために、提出主体が実在するかどうかを確認させていただきます。確認にあたっては、提出者の氏名、メールアドレス、所属組織などを、電話等で所属組織に確認させていただくことがありますのでご承知おきください。

登録期間

 2018年10月1日(月)~10月25日(木)
 ※ただし登録期間終了後についても、COP24終了までは随時登録を受け付けます。

イベントの公開

 事務局の確認の結果、要件を満たすと判断されたイベントは、以下の情報と共に環境省ウェブサイトに公開されます。なお、気候ウィーク2018はタラノア対話※の一環です。イベント結果については、イベント終了後2週間以内のご報告にご協力お願いします。
 ○登録組織・団体名
 ○イベント日時・場所
 ○イベント概要
 ○イベント結果報告
※タラノア対話とは http://copjapan.env.go.jp/talanoa/about/

公開されたイベントの著作権について

 本ウェブサイトへの掲載をもって、掲載されたイベント情報(結果報告を含む)の、第三者による転載・引用の申請に対する許可は気候ウィーク2018運営事務局の判断で行われることに同意したものとします。
 イベント情報以外の、ウェブサイトの著作権についての規約は著作権のページをご参照ください。

その他:期間外に開催されるイベントの扱いについて

 気候ウィーク2018期間外でありながら、その期間の付近(例:11月中又はCOP24開催期間中)において、気候変動対策に資するイベントを開催するケースも考えられます。その場合においても同様に登録様式で事務局まで登録ください。仮にそのようなイベントが多ければ、本ウェブサイトに参考情報として掲載する等の対応を検討します。

参考:過去の気候ウィーク

・気候ウィーク2017 http://www.env.go.jp/press/104665.html

ページ先頭へ