環境省地球環境・国際環境協力地球温暖化対策国内排出量取引制度国内排出量取引制度(キャップ・アンド・トレード)国内排出量取引制度検討会

国内排出量取引制度検討会(第3回) 議事次第・資料

日時:
平成20年3月31日(月) 13:00〜16:00
場所:
全国都市会館 2階 大ホール

議事次第

1. 国内排出量取引制度の論点について
2. 対象とカバレージ等について
3. その他

資料一覧

資料1
日本鉄鋼業の地球温暖化問題への取組 [PDF 297KB]
資料2
「リコーグループの地球温暖化防止への取り組み」および「排出権取引に対する考え方(私見)」 [PDF 133KB]
資料3
国内排出量取引制度の論点について [PDF 48KB]
資料4
対象とカバレージについて [PDF 80KB]
資料5
対象ガスについて [PDF 15KB]
資料6
期間設定と割当総量について [PDF 88KB]
参考資料1
委員名簿 [PDF 8KB]
参考資料2
国内排出量取引制度の論点と諸外国の事例 [PDF 50KB]
参考資料3
リーバーマン・ウォーナー法案に関するEPAの分析(暫定版) [PDF 26KB]
参考資料4
RGGIの地域オークション設計要素(暫定版) [PDF 19KB]
参考資料5
諸外国の環境関連税制のうち温暖化対策を目的とする税制の概要 [PDF 25KB]