環境省地球環境・国際環境協力地球温暖化対策国内排出量取引制度国内排出量取引制度(キャップ・アンド・トレード)

「低炭素社会に向けて−G8環境大臣会合の成果と国内排出量取引制度について−」公開ヒアリング


 G8環境大臣会合、福田総理ビジョンを受けた地球温暖化対策の今後の展開、及び5月20日に公表した「国内排出量取引制度のあり方」(中間まとめ)の内容を市民、NGO、企業、地方公共団体等に説明し広く提案・意見を求めるため、公開ヒアリングを全国各地で実施した。

(1)場所・日時

場所 日時 参加者数
東京 平成20年6月 2日(月) 18:00〜20:00 192名
名古屋 平成20年6月11日(水) 18:00〜20:00 166名
札幌 平成20年6月17日(火) 18:00〜20:00 97名
仙台 平成20年6月23日(月) 18:00〜20:00 43名
大阪 平成20年6月27日(金) 18:00〜20:00 117名
福岡 平成20年6月30日(月) 18:00〜20:00 116名

(2)プログラム

(3)アンケート

 公開ヒアリングの参加者に対し、国内排出量取引制度等に関するアンケートを実施。
 →結果はこちら [PDF 299KB]