環境省石綿(アスベスト)問題への取組をご案内します

アスベスト含有家庭用品の廃棄について

アスベスト含有家庭用品とは

 家庭用の製品のうち、185社774製品にアスベストを使用していることが、経済産業省が業界に行った調査で分かりました。(平成17年12月28日現在)
 これらの製品のうち、通常の使用においてアスベストが飛び散る可能性があるものは6製品で、いずれも火鉢とともに販売していた灰に含まれるものですが、これらの製品は1960年代までに製造を終了しています。
 このほかの762製品(現在調査中のものを除く)については製造メーカーによると、通常の使用ではアスベストが飛び散ることはないとされています。

アスベスト含有家庭用品にはどんなものがあるのか

 経済産業省が業界に行った調査結果から、主に次のような機器の一部の製品でアスベストが使われていることが分かっています。

【電気製品】

  • トースター
  • オーブントースター
  • オーブンレンジ
  • 電気コンロ
  • 電気ポット
  • クッキングカッター
  • ジューサー、ミキサー
  • 電磁調理器
  • 冷蔵庫
  • ミシン用フットコントローラ
  • 洗濯機
  • アイロン
  • 掃除機
  • エアコン
  • こたつ
  • 電気ストーブ
  • 照明器具、スタンド
  • ヘアドライヤー
  • 電気温水器
  • 換気扇  等
 

【ガス・石油製品】

  • ファンヒーター
  • ストーブ
  • ボイラー(給湯、暖房)
  • 温水機器、湯沸器
  • ガスオーブン
  • ガスコンロ  等

【その他】

  • 自転車
  • 金庫
  • 釣り用リール  等
 

製品のどこにアスベストを使っているのか

 製品によって異なりますが、その製品のごく一部に使われていることがほとんどです。

アスベストが使われている機器のうち、洗濯機、冷蔵庫、掃除機、エアコン、ストーブなどは、ほとんどがパッキン(内部の接合部)に使用されている。パッキン以外の主な使用例は下記のとおり。
【使用例】
〈ドライヤー〉
〈こたつ〉
〈オーブントースター(使用部分は使われていたコード)〉
飛び散るアスベストが
使われている製品の例
〈火鉢〉

 

アスベスト含有家庭用品かどうかを判断するにはどうすればいいか

 製品を製造したメーカー、製品番号、製造年から判断するしかありません。
 製品を製造したメーカー(製品に記載されているメーカー)のホームページで確認頂くか、メーカーに直接問い合わせて確認してください。
 連絡先が分からない場合は、経済産業省のホームページで確認するか、下記の製品分類ごとに経済産業省の担当課にお問い合わせください。
 なお、メーカー185社の連絡先は下記経済産業省ホームページをご覧ください。

経済産業省ホームページ
製品分類ごとの経済産業省の担当課 [PDF]

アスベスト含有家庭用品を持っていると危ないのか

  メーカーでは、774製品のうち762製品については、使われているアスベストが他のものと混合され、固められているものが多く、通常の使用においてはアスベストが飛び散る心配がないとしています。

アスベスト含有家庭用品を捨てるときはどうすればいいのか

  アスベスト含有家庭用品を壊したり、分解したりしないでください。
 他のごみと分けて出す必要がありますので、お住まいの市町村の清掃担当窓口にお問い合わせいただき、市町村の指示に従ってください。

◇アスベストとは◇

  アスベスト(石綿)は、天然にできた鉱物繊維です。熱に強く、摩擦に強く切れにくい、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っていることから、その特性を活かしさまざまな製品に使用されてきました。一方、丈夫で変化しにくいため、吸い込んで肺の中に入ると組織に刺さり、15〜40年の潜伏期間を経て、肺がん、悪性中皮腫( 悪性の腫瘍) などの病気を引き起こすおそれがあります。目に見えないくらい細い繊維のために、気づかないうちに吸い込んでしまう可能性があります。

アスベスト含有家庭用品の廃棄全般に関するお問い合わせは…

環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部
廃棄物対策課
TEL 03-3581-3351(内線6857、6852)
※ アスベスト含有家庭用品をごみとして出すときの方法については、お住まいの市町村の清掃担当窓口にお問い合わせください。