地図上の赤い枠をクリックすると潮流図が表示されます。瀬戸内海では潮流は速くて複雑な流れを見せ、鳴門、速吸瀬戸などの狭水道では、5〜10ノットにも及び地形の複雑さも加えて独特の海象を呈しています。
 なお、本ページは海上保安庁刊行の瀬戸内海潮流図の一部を、海上保安庁の許可を得て掲載したものです。潮流図のご利用に当たっては、海上保安庁にお問い合わせ下さい。

瀬戸内海潮流図索引図

瀬戸内海全体地図

※図の赤い枠をクリックすると、当該地域の潮流図のダウンロードが開始されます。(PDF形式 約0.5MB)

出典:「第6235号 豊後水道付近潮流図」(海上保安庁、平成18年1月)
   「第6234号 周防灘及付近潮流図」(海上保安庁、平成18年3月)
   「第6233号 広島湾及安芸灘潮流図」(海上保安庁、平成15年2月)
   「第6232号 備後灘及備讃瀬戸潮流図」(海上保安庁、平成16年2月)
   「第6231号 大阪湾及播磨灘潮流図」(海上保安庁、平成17年3月)
潮流図6231号 潮流図6232号 潮流図6233号 潮流図弟6234号 潮流図6235号

前のページ次のページ