本文へジャンプ
HOME >動物愛護管理法 >ペットの災害対策 >平成30年北海道胆振東部地震の被災ペット対応
動物愛護管理法

被災ペット対策の状況

特定(危険)動物の飼養規制

平成30年北海道胆振東部地震の被災ペット対応

平成30年10月23日

9月6日(木) 北海道胆振地方中東部を中心とする地震が発生
  「平成 30年北海道胆振東部地震」と名称が定められた。
9月7日(金) 動物愛護管理行政を所管する北海道内の自治体に対して、以下の確認と被害等があった際の環境省への連絡を要請。
動物愛護管理センター等関連施設の被害状況
特定動物(人に危害を加える恐れのある危険な動物)の逸走の有無
  (一財)ペット災害対策推進協会に対して、ペットに関する災害情報を共有するとともに、環境省、自治体と連携して対応してほしい旨要請。
9月9日(日) 北海道地方環境事務所職員が札幌市厚別区内1カ所、清田区内1カ所の避難所の現地調査を実施。
9月10日(月) 北海道地方環境事務所職員が北海道庁職員とともに、厚真町内3カ所の避難所及び被災ペット預かり所1カ所の現地調査を実施。
9月11日(火) 北海道、札幌市、(公社)北海道獣医師会等が「平成30年北海道胆振東部地震ペット救護対策協議会」を設置。
9月13日(木) 環境省より北海道の動物愛護管理部局に対して、避難所等においてペット関連窓口等の周知等を図る目的で作成したポスターを提供。
9月19日(水) 北海道地方環境事務所職員が北海道庁職員とともに、むかわ町内2カ所の避難所の現地調査を実施。
9月20日(木) 環境省より北海道及び札幌市の動物愛護管理部局に対して仮設住宅へのペットの受入れ配慮について事務連絡を発出。
ページTOPへ