本文へジャンプ
  • TOP >
  • 帰還困難区域等でのイノシシ等緊急捕獲

保護及び管理に係るさまざまな取組

帰還困難区域等でのイノシシ等緊急捕獲

福島県帰還困難区域等でのイノシシ等の緊急捕獲対策について

 平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所事故以降、立入りが原則禁止されている帰還困難区域等では、イノシシ等の野営鳥獣が人里へ出没し、避難した家屋等に侵入するなどの被害が出ています。帰還困難区域内の野生鳥獣をこのまま放置すれば、帰還準備や帰還後の生活及び地域経済の再建に大きな支障が生じることから、環境省では、平成25年度からイノシシ等の捕獲事業等を行っています。

1.概要

  • 狩猟や被害防止目的の捕獲を行うことができない帰還困難区域内等において、帰還準備や帰還後の生活、地域経済の再建に大きな支障が生じないよう、イノシシ、アライグマ、ハクビシンの捕獲等の対策を実施しています。

  • 事業は5町村(富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村)で実施しています。

  • 野生鳥獣の生息状況調査と捕獲の他、令和元年7月からは捕獲した個体を浪江町の仮設焼却施設内に整備した軟化処理設備で減容化した上で焼却処理を実施しています。

2.イノシシ等の捕獲状況

3月の捕獲数 今年度の捕獲数累計(3月末現在)
イノシシ アライグマ ハクビシン イノシシ アライグマ ハクビシン
富岡町 0 2 0 128 31 11
大熊町 0 1 0 304 106 17
双葉町 8 6 1 405 94 18
浪江町 16 3 2 536 51 17
葛尾村 0 0 0 56 8 5
24 12 3 1,429 290 68

各町村別の捕獲実績 ※令和3年度は令和4年3月末現在の実績
富岡町 大熊町 双葉町 浪江町 葛尾村 合 計






イノシシ
(平成25,26年度
はイノブタ含む)
平成25年度 110 26 37 31 204
平成26年度 69 93 93 105 21 381
平成27年度 46 77 94 51 18 286
平成28年度 69 288 143 55 33 588
平成29年度 100 330 271 50 7 758
平成30年度 201 315 341 47 45 949
令和元年度 326 717 780 301 12 2,136
令和2年度 131 900 664 515 42 2,252
令和3年度 128 304 405 536 56 1,429
合 計 1,180 3,050 2,828 1,691 234 8,983














アライグマ・
ハクビシン


平成28年度
アライグマ 50 52 42 44 188
ハクビシン 10 14 13 9 46
60 66 55 53 234


平成29年度
アライグマ 87 190 244 41 6 568
ハクビシン 20 25 30 9 8 92
107 215 274 50 14 660


平成30年度
アライグマ 177 289 314 57 12 849
ハクビシン 21 27 50 19 11 128
198 316 364 76 23 977


令和元年度
アライグマ 97 213 234 50 8 602
ハクビシン 27 10 16 10 2 65
124 223 250 60 10 667


令和2年度
アライグマ 55 182 128 64 8 437
ハクビシン 18 21 30 18 3 90
73 203 158 82 11 527


令和3年度
アライグマ 31 106 94 51 8 290
ハクビシン 11 17 18 15 8 68
42 123 112 68 13 358


合 計
アライグマ 497 1,032 1,056 307 42 2,934
ハクビシン 107 114 157 82 29 489
604 1,146 1,213 389 71 3,423


3.イノシシ等の生息状況調査

 効果的な捕獲を進めていくための基礎資料として活用するため、事業区域内において、自動撮影カメラやGPSを活用した調査を実施しています。

4.イノシシ対策チラシ

 一般住民向けに、帰還又は生活する上での野生鳥獣の被害を防止するための注意事項、イノシシを見つけたときの通報窓口、イノシシの捕獲方法等を記載したイノシシ対策チラシを作成して関係市町村に配布しています。

  • 被災地のイノシシ対策[PDF 1,176KB]