ちょっとecoに詳しくなる ecojin's EYE 環境のことを考えるヒントとなる、エコなキーワードを解説します。

今週のテーマ 冬の脱炭素アクション

環境省では、家庭の省エネ対策の一環として、『みんなでおうち快適化チャレンジ』キャンペーンを展開し、住宅の断熱リフォームを呼びかけています。天井や壁、床の断熱施工や開口部の断熱施工(窓の交換、内窓設置、ガラスの交換)などをすることで、外気の温度が室内に伝わりにくく、冬は室内の熱が逃げにくくなり、快適な空間を実現することができます。「断熱リフォーム補助金」での支援も実施しています。まずは比較的手軽で効果の大きい「窓」の断熱リフォームから検討してみてはいかかでしょうか。

また、冬に家庭でも取り組める省エネ・節電につながるアクションとして『WARM BIZ(ウォームビズ)』も呼びかけています。室内で少し寒さを感じたら、まずはひざ掛けやストールを羽織るなど服装で調整したり、短時間だけ扇風機を使って、天井にたまった暖かな空気を循環させるのも効果的です。室温設定による省エネ効果は、夏よりも冬の方が大きいとされています。暖房時の室温は20℃を目安に、工夫を凝らしながら、快適に今年の冬を過ごしましょう。 

ecojin's EYE

 『みんなでおうち快適化チャレンジ』とは、おうち時間を脱炭素で、快適、健康、お得なものにしていくことを呼びかけるキャンペーンです。今年の冬から皆さんのご家庭でも取り組める実践のポイントなどを関連リンクで紹介していますので、ぜひご覧ください。

写真/PIXTA

【ecojin's EYE】記事一覧へ