ちょっとecoに詳しくなる ecojin's EYE 環境のことを考えるヒントとなる、エコなキーワードを解説します。

今週のテーマ 秋の海ごみゼロウィーク

9月17日から25日まで「秋の海ごみゼロウィーク」を展開します。期間中、「海ごみゼロ」をキーワードに全国の海岸や河川、市街地で清掃イベントなどが行われ、プラスチックごみをはじめとする海洋ごみ削減の取り組みが展開されます。

今、世界全体で海に流出するごみは年間約800万tに及ぶと推計されていますが、その約8割は陸域(街)由来、つまり私たちの普段の生活から出たごみだといわれています。中でも、微細なプラスチック類であるマイクロプラスチックは、海中を漂い、普段私たちの食卓に並ぶ魚が誤って食べてしまうなど、海洋環境に深刻な影響を及ぼすおそれがあることが指摘されています。

私たちの暮らしは海の環境とつながっています。海や川をきれいにする活動はもちろん、まずはごみを出さない、しっかり分別する、環境に配慮したものを選ぶなど、一人ひとりが環境を守る意識を持つことが大切です。 

ecojin's EYE

 日常生活の中で出たごみや、街の中でポイ捨てされたペットボトルなどが、雨や風に流されて川を経由し、海を汚す原因になっています。海洋ごみの問題を解決するには、私たち一人ひとりの「ごみを出さない、捨てない、拾う」といった行動が大切です。「秋の海ごみゼロウィーク」をきっかけに生活を見直し、海の未来のために今日から行動をしていきましょう。

写真/(公財)日本財団

【ecojin's EYE】記事一覧へ