ちょっとecoに詳しくなる ecojin's EYE 環境のことを考えるヒントとなる、エコなキーワードを解説します。

今週のテーマ 環境白書

私たちを取り巻く環境問題は、コロナ禍や経済動向などの社会情勢とも密接に関わりながら、日々変化しています。今の日本の環境問題や環境行政の全体像を知りたいと思った時、役に立つのが「環境白書」です。

環境白書とは、環境基本法に基づいて毎年国会に提出される年次報告書のこと。昭和44年に初めて作成された「公害白書」を前身とし、環境基本法が制定された翌年の平成6年からは、同法に基づく白書として公表されるようになりました。現在は環境白書に加え、循環型社会形成推進基本法に基づく「循環型社会白書」、生物多様性基本法に基づく「生物多様性白書」を1冊にまとめた形で公表しています。

令和4年版は6月7日に閣議決定され、環境月間中の6月上旬に公表する予定です。環境省のサイトでは、昭和44年度から最新のものまで、過去のすべての環境白書を読むことができます。

ecojin's EYE

 「白書」と聞くとなんだか難しそうですが、日本は現在どのような環境課題を抱え、行政の取り組みはどう進んでいるのか、全国の取組事例なども紹介しながらわかりやすく解説しています。環境の「今」を知り、何をすべきかを考えるヒントとしてぜひ活用してください。

写真/PIXTA

【ecojin's EYE】記事一覧へ