ちょっとecoに詳しくなる ecojin's EYE 環境のことを考えるヒントとなる、エコなキーワードを解説します。

今週のテーマ 海ごみゼロウィーク

現在、世界全体で年間数百万tを超えるプラスチックごみが海に流出していると推計され、2050年には海洋ごみの量が魚の量を超えるともいわれています。地球規模で待ったなしの課題である海洋ごみ削減のため、5月30日「ごみゼロの日」、6月5日「環境の日」、6月8日「世界海洋デー」の3つの記念日を含む5月28日から6月12日の期間を「春の海ごみゼロウィーク」、9月17日「World Cleanup Day」から9月25日までの期間を「秋の海ごみゼロウィーク」とし、全国一斉清掃キャンペーンを展開しています。
 期間中、全国の海岸や河川で清掃イベントが行われ、参加者が海ごみゼロウィークのシンボルである青いアイテムを身に着けて活動します。海ごみゼロウィークには、自分たちで清掃イベントを企画したり、企画されているイベントに個人で参加したり、さまざまな形で協力することができます。こうした活動を機会に海洋ごみ問題への関心を高め、一人ひとりが海の未来のために行動していきましょう。

ecojin's EYE

 海洋ごみは、約8割が陸から川を経て海に流れ出したものと考えられています。海をきれいにするだけでなく、まちでの生活の中で「ごみを出さない、捨てない、拾う」という意識を持って行動することが、海洋ごみを減らし、海の豊かさを守ることにつながります。

写真/(公財)日本財団

【ecojin's EYE】記事一覧へ