検索画面に戻る Go Research



(1.25MB)

[F―6 アジアオセアニア地域における生物多様性の減少解決のための世界分類学イニシアティブに関する研究]

(1)GTI地域プログラムの基本プロジェクト開発における分類学的側面に関する研究

ゥぅ鵐疋優轡◆Ε織い砲ける菌類の分類学的研究

独立行政法人 製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジー本部

 生物遺伝資源部門 遺伝資源保存課

中桐 昭

 

岡根 泉

 

伊藤忠義(退職により、平成16年9月まで)

 〈研究協力者〉

 

 インドネシア科学院

Kartini Kramadibrata

 

Suciatmih

 

Atik Retnowati

[平成14〜16年度合計予算額]

 平成l4〜16年度合計予算額 12,571千円
 (うち、平成16年度予算額※4,482千円)
「※上記の予算額には、間接経費1,034千円を含む」

[要旨]

  「世界分類学イニシアティブ(GTI)」ワークプログラムに基づき、インドネシア
の研究者と国際共同研究を行うことにより、インドネシアにおける菌類分類学振興、人材育
成、分類情報の共有システムの構築をめざして研究を行った。研究テーマは、昨年度に引き
続き、「インドネシアにおけるマングローブ及びその周辺域に生息する菌類の分類学的研
究」である。今年度は、これまでの調査で得た菌類分離株の同定、分類学的研究をインドネ
シア側のカウンターパートを日本に招へいして共同で進めるとともに成果のとりまとめを
行った。菌類の同定、分類研究に基づく成果は同定ガイドブックにまとめた。また、菌類の
分類研究に関するワークショップをインドネシアで開催し、現地の菌類研究のキャパシティ
ビルディングに貢献した。

[キーワード]

 GTI、菌類、分類学、多様性、マングローブ