環境省大気環境・自動車対策揮発性有機化合物(VOC)排出抑制検討会

揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会
化学製品製造小委員会(第3回)議事要旨


1.日  時 平成16年11月9日(火)10:00〜11:05
2.場  所 環境省 第1会議室
3.議  題
 (1)化学製品製造施設における揮発性有機化合物の排出抑制について
 (2)その他
 
4.議  事

○事務局より、化学製品製造施設の類型分けの方法について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は以下のとおり。

  • 製品が多種多様であり、取扱製品による類型分けは必要以上に煩雑となることから、類型分けの方法としては不適当。
  • 熱風受熱方式と伝導受熱方式とで、風量が大きく異なる可能性がある。
  • 当面は類型を細分化せず、実測調査結果等を見て実態と整合性が取れないことが明らかになった場合は必要に応じて細分化を検討する。

○事務局より、化学製品製造施設の裾切り指標について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は以下のとおり。

  • 循環排気等、送風量と実際の排気量が相関しない場合もあるので考慮が必要。
  • 基本的に定格の送・排風能力を裾切り指標とすべき。
  • 集合排気が行われている場合でも、排気ダクトではなくそれぞれの施設あたりの送・排風量を裾切り指標とするのがよいのではないか。

○委員長より、第4回小委員会では裾切り数値及び排出基準値等について具体的に議論を進めるため、事務局は議論のたたき台となる資料を作成するよう指示された。また、各委員に対してデータ提供等の協力依頼があった。
 

5.本件に対する問い合わせ先
  環境省環境管理局大気環境課 03−5521−8294
 
6.<配付資料>
資料1−1 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会化学製品製造小委員会委員名簿[PDF 12KB]
資料1−2 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会化学製品製造小委員会(第2回)議事要旨(案)(委員限り)
資料2−1 化学製品製造施設の類型分けについて[PDF 140KB]
資料2−2 化学製品製造施設の裾切り指標について[PDF 18KB]
<参考資料>
参考資料1 揮発性有機化合物の排出抑制制度の検討の方向性(第1回資料)[PDF 38KB]
参考資料2 条例・諸外国における化学製品製造施設の取扱い(第1回資料)[PDF 29KB]