環境省大気環境・自動車対策揮発性有機化合物(VOC)排出抑制検討会

揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会
接着小委員会(第5回)議事要旨


1.日  時 平成17年1月28日(金)13:30〜15:30
2.場  所 環境省第1会議室
3.議  題
 (1)接着施設における揮発性有機化合物の排出抑制について
 (2)その他
 
4.議  事

○委員より委員提出資料について説明が行われた。

○接着に係る規制対象施設についての討議が行われ、次のとおりとすることで合意された。

  • 一般的な接着の用に供する乾燥又は焼付施設は、送風機の送風能力が毎時15,000立米以上を規制対象とする。
  • 印刷回路用銅張積層板、合成樹脂ラミネート容器包装、粘着テープ、粘着シート、剥離紙及び剥離フィルムの製造における接着の用に供する乾燥施設は、送風機の送風能力が毎時5,000立米以上を規制対象とする。

○接着に係る規制対象施設の排出基準値についての討議が行われ、次のとおりとすることで合意された。

  • 排出基準値は1,400ppmCとする。

○経過措置等について討議が行われた。主な意見は次のとおり。

  • 排出基準の適用については、VOCの排出抑制の目標が平成22年とされていることに留意しつつ、最大限の猶予期間を設けることが適当。
  • 染色の湿式プロセスについては、実際にVOCの排出がないことの確認ができないことから規制適用除外をしないが、具体的な運用については自治体と十分調整することが適当。
  • 粘着テープに関する回収困難な溶剤の大気放出、VOC不使用への切り換え過程の施設についての規制適用除外は困難。
5.本件に対する問い合わせ先
  環境省環境管理局大気環境課 03−5521−8294
   
<配付資料>
資料1−1 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会接着小委員会委員名簿 [PDF 15KB]
資料1−2 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会接着小委員会(第4回)議事要旨(案)(委員限り)
<参考資料>
参考資料1 高坂委員(日本ゴム工業会)提出資料 [PDF 19KB]
参考資料2 高木委員代理 折本氏(日本染色協会)提出資料 [PDF 23KB]
参考資料3 伊藤委員・西村委員(日本粘着テープ工業会・日本製紙連合会)提出資料 [PDF 37KB]
参考資料4 浅田委員(日本ポリエチレンラミネート製品工業会)提出資料 [PDF 75KB]