環境省大気環境・自動車対策揮発性有機化合物(VOC)排出抑制検討会

揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会
接着小委員会(第3回)議事要旨


1.日  時 平成16年10月26日(火)14:00〜15:50
2.場  所 ホテルフロラシオン青山 芙蓉
3.議  題
 (1)接着施設における揮発性有機化合物の排出抑制について
 (2)その他
 
4.議  事

○事務局より、接着剤使用施設の類型分けの方法について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は以下のとおり。

  • 業種による排出実態の差は少ないため、業分類による類型分けは必要ないのではないか。 
  • 形態による類型分けは概ね事務局案で良い。その上で、実測調査結果等により排出量が少ない類型は規制対象から除ことも検討する。

○事務局より、接着剤使用施設の裾切り指標について説明があり、委員の間で討議が行われた。主な意見は以下のとおり。

  • VOCの使用量等は外部から客観的に厳密な量を把握するのが困難であり、また毎年変化するため、裾切り指標としては不適。
  • 低稼働率の施設、低VOC化を進めている施設について考慮してほしい。
  • 低稼働率の施設、低VOC化を進めている施設について、施設として特別扱いすることは大気汚染防止法においては困難である。
  • 当面、送・排風量を指標として検討を進め、業種ごとの実態等を考慮するのではないか。

○委員長より、第4回小委員会では裾切り数値及び排出基準値等について具体的に議論を進めるため、事務局は議論のたたき台となる資料を作成するよう指示された。また、各委員に対してデータ提供等の協力依頼があった。
 

5.本件に対する問い合わせ先
  環境省環境管理局大気環境課 03−5521−8294
 
6.<配付資料>
資料1−1 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会接着小委員会委員名簿 [PDF 15KB]
資料1−2 揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策検討会接着小委員会(第2回)議事要旨(案)(委員限り)
資料2−1 接着剤使用施設の類型分けについて [PDF 177KB]
資料2−2 接着剤使用施設の裾切り指標について [PDF 21KB]
<参考資料>
参考資料1 揮発性有機化合物の排出抑制制度の検討の方向性(第1回資料) [PDF 38KB]
参考資料2 条例・諸外国における接着剤使用施設の取扱い(第1回資料) [PDF 25KB]