神奈川県の代表的な湧水

回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動 湧水写真・位置図
名称 ふりがな
川崎市緑ヶ丘霊園内湧水地みどりがおかれいえんないゆうすいち川崎市
高津区
下作延
平成20,22,23年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
川崎市生田緑地内湧水地いくたりょくちないゆうすいち川崎市
多摩区
枡形
平成17年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
川崎市飛森の谷戸湧水地とんもりのやとゆうすいち川崎市
宮前区
初山
平成19年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
川崎市早野聖地公園中の谷湧水地はやのせいちこうえんなかのたにゆうすいち川崎市
麻生区
早野
平成20年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
川崎市高津区市民健康の森湧水地たかつくしみんけんこうのもりゆうすいち川崎市
高津区
野川
平成17年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
川崎市久末緑地湧水地ひさすえりょくちゆうすいち川崎市
高津区
久末
平成18年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
川崎市梶ヶ谷第一公園湧水地かじがやだいいちこうえんゆうすいち川崎市
高津区
梶ヶ谷
平成21年度に整備実施
平成25年10月から毎月、清掃及び水量を測っている。写真
相模原市横山丘陵緑地公園湧水よこやまきゅうりょうりょくちこうえんゆうすい相模原市
中央区
上溝4丁目地先
照手姫伝説の湧水
  
相模原市道保川公園湧水どうほがわこうえんゆうすい相模原市
中央区
上溝1359番地外
ゲンジボタルが見られる
  
相模原市史跡勝坂遺跡公園湧水しせきかっさかいせきこうえんゆうすい相模原市有鹿神社(小さな祠)の脇の湧水
  
鎌倉市名称なし 鎌倉市
鎌倉山
2-2-2
夫婦池公園内。
【アクセス】JR鎌倉駅東口ターミナルから「鎌倉山行き」「諏訪ガ谷循環」「江ノ島行き」「鎌倉山経由大船駅行き」バス、若松バス停または見晴バス停下車(徒歩5分)→夫婦池公園〔約20分〕
  
鎌倉市名称なし 鎌倉市
岩瀬字上耕地
630-7
岩瀬下関防災公園内。
【アクセス】JR大船駅東口バス乗り場「今泉不動」又は「地蔵前」行き若しくは「鎌倉湖畔循環」→「下関」下車(徒歩1分)
  
藤沢市なし 藤沢市
片瀬1丁目
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
みどりに関し、ナショナルトラスト運動あり
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
公園内にあり、園内の水田、植物育成等に利用されている
  
藤沢市なし 藤沢市
宮前
水田利用されている
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
下水処理場で蛍の飼育に利用
  
藤沢市なし 藤沢市
亀井野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
高倉
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
稲荷
農業利用(クレソン)
  
藤沢市なし 藤沢市
石川
公園の水路に利用
  
藤沢市なし 藤沢市
円行
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
菖蒲沢
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
打戻
公園の水路に利用
  
藤沢市なし 藤沢市
遠藤
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
用田
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
用田
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
宮原
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
用田
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
葛原
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
葛原
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
葛原
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
宮原・獺郷
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
遠藤
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
遠藤
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
遠藤
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
遠藤
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
宮原・獺郷
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
遠藤
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
長後
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
高倉
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
高倉
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
高倉
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
高倉
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
高倉
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
今田
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
今田
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
石川
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
石川
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
石川
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
大庭
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
大庭
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
大庭
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
城南
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
藤沢
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西俣野
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
引地川斜面林周辺
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
引地川斜面林周辺
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
西富
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
辻堂太平台
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
川名
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
片瀬山
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
鵠沼藤が谷
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
片瀬
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
片瀬
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
片瀬
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
江ノ島
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
江ノ島
利用なし
  
藤沢市なし 藤沢市
江ノ島
利用なし
  
逗子市亀の泉かめのいずみ逗子市
小坪1-9
市営住宅地の一角にあり地域のシンボル
地元自治会が管理地図
三浦市菊名の湧水きくなのゆうすい三浦市
南下浦町菊名
「水間様の霊水(みずまさまのれいすい)」とも呼ばれ、地元では「水間様」と呼ばれ親しまれている「水間神社」の小さな祠の下方から湧出している。
  
秦野市河原町湧水かわらまちゆうすい秦野市
河原町3番
街中に残された数少ない湧水として、地域による保全が進められています。
地下水汚染浄化事業の実施
毎月湧出量調査の実施
 
秦野市今泉湧水池
(今泉名水桜公園)
いまいずみゆうすいち秦野市
今泉395
この池は、古代からの水汲み場所であって、池の底からは、石器時代、奈良・平安時代の土器破片等が大量に出土しています。
現在の池は、昭和初期に造られたもので、それ以前は荒地に囲まれた湧水でした。
池の底から日量約2,500トンの地下水が湧き出し、秦野盆地湧水群の中でもトップクラスの湧出量を誇っています。
地下水汚染浄化事業の実施
毎月湧出量調査の実施
写真(PDF)
秦野市小藤川湧水ことうがわゆうすい秦野市
今泉605-1
街中に残された数少ない湧水として、地域による保全が進められています。
地下水汚染浄化事業の実施
毎月湧出量調査の実施
 
秦野市白笹稲荷神社湧水池
(一貫田湧水)
しらささいなりじんじゃゆうすいち秦野市
今泉1052
この湧水は、小さな崖から水晶のような水玉がしたたり流れ、一貫田の湧水と合流し、室川へ流れ出ています。
地下水汚染浄化事業の実施
毎月湧出量調査の実施
 
秦野市赤松沢湧水あかまつざわゆうすい秦野市
渋沢赤松沢
渋沢丘陵の小さな谷あいの湧水で、昭和50年代中頃まで水道水源として利用されていました。
  
秦野市谷津湧水やつゆうすい秦野市
渋沢谷津2263
渋沢丘陵の小さな谷あいの湧水で、昭和50年代中頃まで水道水源として利用されていました。
この湧水を利用して水田が作られ、谷戸田を形成しています。
年に2回飲料水質検査を実施 
秦野市若竹の泉わかたけのいずみ秦野市
千村
渋沢断層からの湧水で、渋沢丘陵に沿って流れる室川の源流に位置します。
【案内】渋沢駅より千村台行きバス、萩山下車、徒歩25分
年に2回飲料水質検査を実施 
秦野市柳川地区湧水池やながわちくゆうすいち秦野市
柳川
小盆地を形成する柳川地区は、里地の原風景を残し、湧水を利用した水田があります。周辺には、市指定第1号の生き物の里があります。
毎月湧出量調査の実施 
秦野市春嶽湧水はるたけゆうすい秦野市
蓑毛
蓑毛からヤビツ峠に向かう柏木林道が金目川を渡る場所にあり、水道水源としても利用されています。
水質は硬度が低く、軟らかい湧水です。
【案内】秦野駅よりヤビツ峠又は蓑毛行きバス、蓑毛下車、徒歩25分
年に3回飲料水質検査を実施 
秦野市護摩屋敷の水ごまやしきのみず秦野市
寺山1692
護摩屋敷とは、山伏がヌルデの木などを焚いて修行をするところをさします。
修行に訪れた僧たちは、ここの水で身を清めたと伝えられています。
【案内】秦野駅よりヤビツ峠行きバス、ヤビツ峠下車、徒歩20分
毎月飲料水質検査を実施写真(PDF)
秦野市葛葉の泉くずはのいずみ秦野市
菩提2317-15
昭和60年に秦野盆地湧水群が名水百選に選定されたことをきっかけに、地域の人によって整備されました。
【案内】秦野駅より菩提経由渋沢行きバス、菩提原下車、徒歩30分
年に3回飲料水質検査を実施 
秦野市竜神の泉りゅうじんのいずみ秦野市
戸川
山腹に竜の形をした岩があることから、水をつかさどる“竜神”が宿ると伝えられる場所。昔から行者や猟師などが喉を潤し、ひと息ついた泉として知られています。
【案内】渋沢駅より大倉行きバス、大倉下車、徒歩45分
年に3回飲料水質検査を実施 
秦野市まいまいの泉まいまいのいずみ秦野市
今泉598-2
この泉は、その見た目と上古に造られた井戸である“まいまいず井戸”にちなんで命名されました。地下水質の改善が進み、飲用に適する水質に達したため、地下水の監視用に掘られた井戸を利用して、地下20メートルから地下水を自噴させています。
【案内】秦野駅より徒歩10分、南公民館敷地内
地下水汚染浄化事業の実施
隔月飲料水質検査を実施
 
秦野市どうめいの泉どうめいのいずみ秦野市
平沢1116-3
宅地開発により不明となった“どうめい湧水”にちなんで命名されました。地下水質の改善が進み、飲用に適する水質に達したため、地下水の監視用に掘られた井戸を利用して、地下30メートルから地下水を自噴させています。
【案内】秦野駅より徒歩15分、どうめい北児童遊園地内
地下水汚染浄化事業の実施
隔月飲料水質検査を実施
 
秦野市弘法の清水こうぼうのしみず秦野市
大秦町1-31
弘法大師の言い伝えがある湧水で、どんな日照りのときも枯れることがないことから、古くから地元の生活水として利用されています。
地下水汚染浄化事業の実施
隔月飲料水質検査を実施
写真(PDF)
厚木市妻田薬師の湧水つまだやくしのゆうすい厚木市
妻田西三丁目
寺院の一角にあり、石灯籠としめ縄で囲まれている。
鯉が飼われている。
  
厚木市上千頭の湧水かみせんずのゆうすい厚木市
飯山
私有地内にあり、鯉が飼われている。
  
厚木市子之神の湧水ねのかみのゆうすい厚木市
戸室三丁目
柵で囲まれ、立ち入れないようになっている。
昔は生活用水や水田用水であった。
石碑あり。
  
厚木市広町の湧水ひろまちのゆうすい厚木市
中荻野
公園内の水辺広場に湧水を使用している。
  
伊勢原市八幡谷戸遊水池はちまんやとゆうすいち伊勢原市
西富岡八幡谷戸
水鳥や貴重な水棲動物が生息し、また、水量も豊富であるため、農業用水としても利用されている。
平成20年度にのり面整備を実施。
周辺の草刈(年2回)を実施。
 
海老名市亀島湧水かめじまゆうすい海老名市
上今泉六丁目
亀島公園となっている山からの伏流水で、水の透明度と水質がよい。
  
海老名市独鈷井戸どうこいど海老名市
上今泉四丁目
常泉院という寺の敷地内にある湧水で、近くにある座間丘陵からの伏流水
  
海老名市三日月井戸みかづきいど海老名市
上今泉四丁目
常泉院という寺の敷地内にある湧水で、近くにある座間丘陵からの伏流水
  
海老名市浅井の水あさいのい海老名市
国分北一丁目
普段は湧水の水量は少ないが、雨の後などにはきれいな水がかなり湧き出す。
  
座間市いっぺい窪湧水いっぺいくぼゆうすい座間市
南栗原4丁目
古くは巡礼者や近くを通る人がここで一杯の水をいただいていたことから「いっぺい窪」といわれている。
現在は愛好家がわさびを育てている。
×
わさびを育てている環境団体が管理している 
座間市龍源院湧水りゅうげんいんゆうすい座間市
入谷1丁目
近くの鈴鹿神社から縄文後期の遺跡が発掘されたことから鈴鹿遺跡の住人が生活用水として利用されていたといわれている。
住職、檀家が不定期で実施している 
座間市谷戸山公園内の湧水やとやまこうえんないのゆうすい座間市
入谷3丁目
県立座間谷戸山公園内で湧き出す湧水で、園内の池や水田を潤し、夏には蛍が観察できる。
環境団体が清掃活動を実施している 
座間市番神水湧水ばんじんすいゆうすい座間市
入谷1丁目
日蓮上人がお経とともに杖をついた先から湧いたという伝説の湧水。
  
座間市芹沢川に湧き出す湧水せりざわがわにわきだすゆうすい座間市
栗原
芹沢公園内から湧き出す湧水で、芹沢川の源となっている。
古くはこの湧水を利用して養魚場が営まれていた。
環境団体が清掃活動を実施している 
座間市神井戸湧水かめいどゆうすい座間市
入谷5丁目
古くから周辺住民の飲料水、米や野菜の洗い水として利用されてきたが、現在でも野菜等の洗い水として利用されている。
利用者が清掃活動を実施している 
座間市心岩寺湧水しんがんじゆうすい座間市
入谷1丁目
境内や周辺で縄文中期の遺跡や土器片が発見されたことから、先史時代から周辺住民の生活用水として利用されていたといわれている。
住職、檀家が不定期で実施している 
南足柄市清左衛門地獄池湧水せいざえもんじごくいけゆうすい南足柄市
狩野865
湧水箇所に大きな池を造り、その池の中央に厳島神社を勧請し、隣に観池山弁財寺を建立して清左衛門を祀っている。
平成20年6月には、平成の名水百選に認定された。
  
南足柄市苅野厳島弁天池湧水かりのいつくしまべんてんいけゆうすい南足柄市
苅野535
昭和34年に市の水道が敷かれるまで、地域の水源として利用されていた。
現在は地域の親水空間となっている。
  
南足柄市金太郎自然園湧水きんたろうしぜんえんゆうすい南足柄市
矢倉沢1344
金太郎自然園の裏山から湧き出ている湧水。
この湧水を池に貯め、マス、イワナ、ヤマメなどの養殖を行っている。
  
南足柄市笹子地蔵湧水ささこじぞうゆうすい南足柄市
塚原
山肌の祠のような場所から湧き出ている。
湧水箇所の周りには、石の地蔵が建立されており、昔から「山の地蔵さん」と呼ばれ、信仰されてきた。
  
南足柄市御嶽神社湧水みたけじんじゃゆうすい南足柄市
三竹
御嶽神社の石段の左側にある湧水で、昔からお神水といい霊水として知られている。
  
南足柄市八乙女池湧水やおとめいけゆうすい南足柄市
沼田
市内で3番目に大きな湧水池で、年間を通じて水量の変化が少なく、池には鯉が多く飼われている。
  
南足柄市森と水の公園湧水もりとみずのこうえんゆうすい南足柄市
三竹
周辺の山から湧出した湧水を活用した親水公園である。
  
南足柄市いずみの湧水いずみのゆうすい南足柄市
三竹
いずみ公民館の裏山から湧き出している湧水で、この水を活用してほたるの養殖を行い、ほたるの里づくりが行われている。
  
南足柄市金剛水こんごうすい南足柄市
大雄町1157
大雄山最乗寺にある湧水である。
  
南足柄市不動尊の滝水湧水ふどうそんのたきみずゆうすい南足柄市
大雄町1158
大雄山最乗寺の奥の院西方の峯からこんこんと湧き出ている清水である。
  
綾瀬市名称なし 綾瀬市
早川城山3−4−1
城山公園内に湧水があり、現状保存しており、ホタルが生息している。
×
環境保全団体が清掃活動を実施。 
葉山町水源地すいげんち葉山町
下山口1548付近
以前は御用邸において飲用として利用。
現在は利用していない。
×
  
寒川町宮山緑地内湧水みややまりょくちないゆうすい寒川町
宮山
町のほぼ中央にあって、当時湧水の豊富だったこの池は下流の水田の用水として長年利用されていた。
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
安楽寺という寺の境内の大池にあり、管理されている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
安楽寺という寺の横にある小池にあり、管理されている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
相模線の横にあり、水量は少ないが絶え間なく湧いている。
整備され一箇所だけの湧き出しとなっている。
年1回の状況調査 
寒川町越の山湧水こしのやまゆうすい寒川町
岡田
神奈川県自然環境保全地域に指定されている。
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴しており、道路側溝に流入している。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴しており、池となっている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴している。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴しており、池となっている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴しており、池となっている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴しており、池となっている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴しており、池となっている。
×
年1回の状況調査 
寒川町なし 寒川町
岡田
宅地内で自噴している。
×
年1回の状況調査 
中井町厳島湿生公園湧水いつくしましっせいこうえんゆうすい中井町
井ノ口1310番地
厳島神社周辺は、県下でも稀な湧水が出ている湿生地で、昭和49年に県の自然環境保全地域に指定されています。
地域と一体となり年間を通じて湧水保全に向けた草刈り等の保全活動を実施するとともに年6回の湧水量と水質の調査を実施 
開成町名称は特にない 足柄上郡
開成町
牛島
水路底より湧き出ているが、水量は不明。
魚等が生息している。
毎年1回、水質検査を行っている。 
箱根町姫の水ひめのみず箱根町
大平台
小田原北条氏の姫君が化粧に使ったことから由来している。
  
箱根町嬰寿の命水えいじゅのめいすい箱根町
木賀
子宝を授かるといわれている。