山形県の代表的な湧水

回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動 湧水写真・位置図
名称 ふりがな
山形市阿古耶の水あこやのみず千歳山万松寺白鳳時代、藤原鎌足公の血を引く阿古耶姫が開墓したといわれる千歳山万松寺裏手の石段を70段ほど登ったところにある。
そこは竹林に囲まれたこぢんまりした広場になっていて、石の間から澄んだ水が湧き出している。
  
山形市阿弥陀清水あみだすず土坂土坂地区の用水として大切な役割を果たしてきた。
昔、旅人はこの清水でのどを潤したが、付近にはマムシが多く、草でやぐらを作って旅人の利便を図ったことから「草矢倉村」の地名にもなった。
草矢倉村は明治9年、土坂村と合併した。
  
山形市大坊清水だいぼうすず蔵王上野泉の上手に水神様の石碑が建てられ、地域の人たちにより管理されている。
春には水神祭りが行われる。
昔は、この水で「水ごはん」を作ったり、青菜の洗い場や井戸端会議の場として使った。
ここから流れ出る水は松尾川に注ぐ。
  
山形市長命水ちょうめいすい奥山寺山寺から二口林道に入って約3kmほどの場所の右手に1か所、さらに400mほど進み、林道から左手に入った林の静かな場所にもう1か所湧いている。
音を立てて沢に流れ下る様子は清涼感に満ちている。
  
山形市羽龍沼出壺はりゅうぬまでつぼ神尾野草園南側から羽龍沼に向かう登山道の途中にある。
大きな杉の木の根元から砂を巻き上げながら水が湧く。
羽龍沼と出壺の水は、かつての飯田村が管理した溜井で、湖畔に建つ請雨塔と普潤碑は当時の水不足の恐怖を物語る。
  
米沢市慶次清水けいじしみず米沢市
八幡原五丁目4469−25
・市内の堂森、竹井及び川井地域のかんがい用水として利用されている。
・戦国武将であり、かぶき者として知られる前田慶次が晩年を過ごしたと言い伝えが残る
・無苦庵では、ここから水をひき、生活に利用していたと言われていることから慶次清水と呼ばれている。
・周辺では、春にはショウジョウバカマが咲く他、夏にはゲンジホタルやヘイケホタルを見ることができるなど自然環境の豊かな場所である。
米沢前田慶次の会 様が保全活動をしている写真
写真
写真
写真
写真
鶴岡市郷清水ごうしみず鶴岡市
越沢
朝日連邦・摩耶山系の中腹より湧き出る銘水
越沢集落では、「郷清水」にこだわった地域づくりに取り組んでいる。写真
鶴岡市閼伽井の清水あかいのしみず鶴岡市
青龍寺
金峰山金峯神社中宮の社務所前に小さな祠があり、その傍らにある清水
金峯神社により管理されている。写真
鶴岡市大清水おおしみず 鶴岡市の温海温泉街にある蕎麦屋「大清水」の隣に小さな公園 があり、奥の祠の下から湧いている清水
公園に関しては鶴岡市が管理している。写真
酒田市湯ノ澤霊泉ゆのさわれいせん酒田市
市条字八森2番の1
墓参り等の水場として利用されてきたが、東屋風に整備してから飲用水として汲みに訪れる人が多い。
死に際にこの水を口に含ませたとの伝承が残る。
水質検査、随時の清掃を実施写真
酒田市ですず 酒田市
麓字村ノ下、
字麓野地内
山根集落の裏山が水源となって集落の数ヶ所に湧き出ている。
上水道が完備されるまで飲用されていた。
  
酒田市  酒田市
北平沢字大沢地内
北平沢集落の裏山に水源があり、集落の各戸で生活用水として使用しているほか、近隣から水汲みにも来ている。
随時清掃等実施 
酒田市  酒田市
山谷字西沢入46 19
海洋センター艇庫がある新溜脇にある。
終戦後、石油会社が2,3本採掘した時に湧き出たものであり、止めることができなかったため、今でも湧き出ている。
お茶用として良いため、汲んでいく人もいる。
平成6年頃、新溜周辺の遊歩道・トイレ等を整備した時に、この湧水も汲み易いように整備した。
以前、保健所で水質検査した時、飲み水として利用できるとの結果が出た。
定期的な水質検査は行っていない。
 
酒田市まりこ山の湧き水まりこやまのわきみず酒田市
成興野字箕輪1番4(水源)酒田市
成興野字堰内75番(公会堂)
ふもとの成沢地区から1.5kmほど登った山の中腹にある湧水。
水神様の祠もあり、現在の公共水道が整備されるまでは、地区の簡易水道の水源として利用されていた。
現在は、公会堂の敷地内において山の中腹からひかれた管の先から水が流れ出ている。
放水口は開放されており、一般の水道並みの水圧で流水している。
地元自治会による管理
(消毒殺菌等は行っていない)
 
酒田市瑠璃水るりすい酒田市
字総光寺沢8番地
(總光寺)
開山600年を誇る名刹、洞瀧山總光寺(とうろうさん、そうこうじ)境内に湧き出る水。
長寿、頭痛、目に効能があるとの言い伝えがある。
ほぼ通年で流水している。
水質検査は未実施、飲み水には使用していないとのこと。
歴代の住職による管理 
寒河江市長命水ちょうめいすい寒河江市
大字白岩2,383
霊山葉山を源にする伏流水で、山麓にある「葉山市民荘」の入口に湧き出している。
非常に冷たく水量も豊富である。
登山客だけでなく、水汲みの目的で訪れる人も多い。
寒河江市と葉山市民荘とで日常的な管理にあたっている。
定期的清掃を実施している。写真
上山市樹氷の泉じゅひょうのいずみ上山市
横倉山
蔵王ラインの蔵王温泉よりにあり、幹線道路のすぐそばにあるため利用者が多い。
ミズナラの木の根本から竹の筒が伸び、先端から豊富な水が流れる。
側の石のところからも水が涌きだしている。
  
上山市坊平のお清水ぼうだいらのおしず上山市
蔵王高原坊平
蔵王エコーラインを上り、ライザスキー場のほぼ中央。
近くにねじれ杉と言われる巨木があり、かっては山岳信仰登山、今はトレッキングの憩いの場となっている。
 写真
上山市御田の神おだのかみ上山市
蔵王御田の神
蔵王エコーラインの冬期閉鎖ゲート付近から登った山林の中に水源があり、蔵王坊平地区の水道と山麓地区の農業用水となっている。
夏季は、総合交流促進施設「ZAOたいらぐら」前の水栓でも利用できる。
小規模水道施設の水源となっているため、湧水箇所はコンクリートで保護されており、水質も分析している。
農業用水への導入堰は、毎年、山麓の地区で構成する利用組合で泥上げ・除草等を実施している。
 
村山市いたや清水いたやすず村山市
樽石字垂水716−1
古くから知られた水で,遠方から水をくみに来る方も多い。
近年引水され水場が整備されている。
生涯学習研修センター「樽石大学」において、水場の清掃等が行われている。写真
村山市清水衛殿すずえでん村山市
樽石
見事なブナ林の中を歩くハイキングコース(自然観察路ブナ林コース)にある。
年一回草刈り等清掃が行われている。写真
長井市三階滝さんかいたき長井市
寺泉地内桑沢
朝日連峰南端の葉山連山桑沢にある三階滝下から湧き出す湧水。
朝日連邦の山岳信仰の参拝道となっていた。
地元寺泉地区の三階滝保存会が、保全活動を行っている。地図
写真
写真
東根市小見川おみがわ東根市
羽入
水源の沼が湧水である。
きれいな水に生息するとされるイバラトミヨが生息していることでも知られる。

民地に立入るため
東根市「イバラトミヨ生息地」保存連絡協議会において、川の清掃活動やイバラトミヨの生息調査などを行っている。 
尾花沢市ブナ源水ぶなげんすい尾花沢市
大字寺町
上柳渡戸
周囲はブナ林に囲まれ、「ブナ源水」標識のそばの石積みから流れ出ています。
平成27年度「里の名水・やまがた百選」に選定。
寺町地区による清掃・草刈り等の保全活動を実施しています。地図(PDF)
地図(PDF)
写真(PDF)
尾花沢市楢の木立
長寿の名水
ならのきだち
ちょうじゅのめいすい
尾花沢市
大字母袋
国道347号(鍋越峠)
宮城県との県境に近く、奥羽山脈裾野より湧き出し、山形県民はもとより宮城県の方からも水を汲みに来る人も多いです。
平成28年度「里の名水・やまがた百選」に選定。

国道347号について、平成28年度より通年通行が可能(ただし、冬季は7:00〜19:00通行可能)
母袋地区による清掃・草刈り等の保全活動を実施しています。地図(PDF)
写真(PDF)
山辺町いかずち山辺町
作谷沢地内
雷山のふもとに湧く泉。
すぐ側には雷神社があり、作谷沢地区の水道水に使用しています。
年1回水質検査の実施地図
山辺町稲荷様いなりさま山辺町
作谷沢地内
夏でも水温は低く、清流の象徴といわれるバイカモがみられます。
 地図
山辺町御清水おすず山辺町
作谷沢地内
「畑谷農村婦人の家」からすぐの裏道を通り、栗の木をくぐり抜けたところに湧いています。
水量豊かなこの水は、現在も近隣の畑の散水などに使われております。
 地図
山辺町亀ノ子かめのこ山辺町
作谷沢地内
県道17号沿いにあり、古くは最上、上杉両軍による長谷堂合戦の際に討死にしたかたの末期の水として利用されたとか。
昭和20年、出水口に亀の置物が設置されて以来、亀ノ子水の名で親しまれています。
 地図
写真
山辺町御所清水ごしょすず山辺町
作谷沢地内
昔、使用人が畑谷城から汲みにきたことから、この名がついたとか。
水を5升入る瓶に入れて運んだので「五升清水」、また「五所鈴」など、様々に標記されています。
 地図
山辺町五番御神酒ごばんみき山辺町
作谷沢地内
伝説によれば、白鷹山虚空蔵菩薩本尊が御尊体を洗い清めたといわれている五番御神酒。
池のそこから白い砂を舞い上がらせ、こんこんと水が湧き出る様は、実に神秘的です。
 地図
写真
山辺町杉谷出口すぎやでぐち山辺町
作谷沢地内
杉林の静寂に包まれた水辺は、どこか神聖な雰囲気が漂っています。
絶えず湧き出る清水は、近くに整備されたわさび田や鯉の養殖などにも利用されています。
 地図
山辺町銚子の口ちょうしのくち山辺町
作谷沢地内
白鷹山登山口にあり、登山者たちが足を休めていく憩いと安らぎの場所。
山中の湧水をパイプで水場に引いているので、水の勢いがよく、ひんやりとしています。
 地図
山辺町弁財天
(小針生)
べんざいてん
(こばりょう)
山辺町
作谷沢地内
小針生の道路から草木の生い茂った山道に入っていくと、まもなく木々に囲まれて湧水が現れます。
自然のままの湧水の側には、弁財天と記された石碑が建っています。
 地図
山辺町弁財天
(畑谷)
べんざいてん
(はたや)
山辺町
作谷沢地内
慈覚大師が旅の途中休んだといわれる由緒ある水場。
 地図
山辺町萬年水まんねんすい山辺町
作谷沢地内
県道49号沿いにある湧水。
亀の像の口から水が湧き出しており、ドライブ中に立ち寄る人もいます。
 地図
山辺町龍神水りゅうじんすい山辺町
作谷沢地内
子安明神入口に、明神様を守るようにして鎮座している龍神の像。
湧水は龍の口の中から出ています。
平成10年に整備されました。
 地図
写真
中山町朴清水ほうのきすず中山町
金沢地内
弘法大師が手にしていた杖を突きさしたところ、綺麗な清水が湧き出たため、弘法清水と呼ばれている。
  
西川町月山山麓湧水がっさんさんろくゆうすい西川町
大字志津
国有林内
月山の万年雪や雨が地中深く染み込み、濾過され、約400年の年月をかけて再び湧きだしたものとされている。
水質は炭酸ガスや酸素、ミネラルを適度に含んだ口あたりの良い軟水。
水温は年間を通して5度前後。
湧水の多くは山肌に沿うように流れ落ちる清水となり、最大水量は一日約3000tとされている。
美化パトロール員(委託)を配置し、周辺の環境保全に努め、湧水箇所を業者委託により管理している。 
西川町西川町上水道水源にしかわまちじょうすいどうすいげん西川町
大字水沢
西川町上水道の水源として管理されている。
西川町上水道として管理している。 
朝日町五本樋ごほんどよ朝日町
大字三中字大沼
村の生活用水として長く使われ、簡易水道の給水に伴い一度姿を消したが、昭和63年に復元された。
平成28年度「里の名水・やまがた百選」に選定された。
 写真
大石田町イカゴの清水いかごのすず大石田町
大字駒籠字イカゴノ上
縄文遺跡の近くの杉林の中にあり、現在でも生活用水として親しまれている。
大石田町登録文化財(名勝)
地区民で春に水抜き清掃を行い、月1回の草刈り等を実施写真
大石田町導者清水どやすず大石田町
大字横山字新林、字堂ノ下
一級河川最上川沿いの水田脇にあり、かつて出羽三山の導者(参拝者)が飲んだと言われている。
大石田町登録文化財(名勝)
地区民で年4回、水抜き清掃並びに周辺の草刈り等を実施 
金山町お稲荷様の湧き水おいなりさまのわきみず金山町
宮地区
加室山の登山者が立ち寄って利用
稲荷様の神水でもある
個人 
金山町中の森 長命水なかのもり ちょうめいすい金山町
羽場地区
旧羽州街道の沿道にある長命水を地域の有志が維持管理している。
羽場 壮樹会 
金山町柳原の清水やなぎはらのすずみず金山町
柳原地区
近くに結城哀草歌の歌碑がある
地区 
金山町梁場の水やなばのみず金山町
小蝉地区
県道釜渕中田線沿線
地区 
金山町猪の沢の水いのさわのみず金山町
三枝地区
農道の沿線
  
最上町薬師様の水やくしさまのみず最上町
大字満澤
最上町の南部に位置する満澤地区内の「満沢薬師神社」そばに湧いている。
四季を通して湧水量、水温が一定。地区の人々に愛されている。
平成28年度「里の名水・やまがた百選」に選定された。
 写真
舟形町薬師の水やくしのみず舟形町
堀内(松橋)
月山(信仰)へ通じる道であったことから、往時の往来する人々の潤いの湧水であったと伝えられている
  
真室川町殿様清水とのさましみず真室川町
大字及位字前森山
山形県加蕪山自然公園内国有林前森山林道の岩の間から湧出している。
不定期に清掃活動が行われている 
真室川町大清水おおすず真室川町
大字及位字前森山
山形県加蕪山自然公園内前森山登山口に湧出し、水の出口がなく沼になっている。
別名を「長寿の水」という。
不定期に清掃活動が行われている 
真室川町差首鍋のすず水さすなべのすずみず真室川町
大字差首鍋
滝応寺境内下に湧出しており、昔から付近の生活用水として利用されている。
地元集落が管理 
小国町ブナしずくぶなしずく小国町
小玉川
飯豊連峰の麓に広がるブナ天然林「温身平」の最上流部に位置する。
ブナの巨木の根元から湧出し、登山者や散策客に人気。
散策道の整備と併せて除草、清掃を実施。地図
写真
飯豊町六郎沢水源ろくろうさわすいげん飯豊町
大字萩生
萩生川最上流部の湧水であり、水量に変動はあるものの年間を通して確保できる。
×
水源地の草刈等の維持管理をおこなっている。 
飯豊町大平第一水源おおだいらだいいち飯豊町
大字萩生
萩生川最上流部の湧水であり、水量に変動はあるものの年間を通して確保できる。
×
水源地の草刈等の維持管理をおこなっている。 
飯豊町大平第二水源おおだいらだいに飯豊町
大字萩生
萩生川最上流部の湧水であり、水量に変動はあるものの年間を通して確保できる。
×
水源地の草刈等の維持管理をおこなっている。 
飯豊町前野水源まえのすいげん飯豊町
大字萩生
萩生川最上流部の湧水であり、水量に変動はあるものの年間を通して確保できる。
×
水源地の草刈等の維持管理をおこなっている。 
飯豊町三宝荒神さんぽうこうじん飯豊町
大字萩生
萩生川最上流部の湧水であり、水量に変動はあるものの年間を通して確保できる。
×
水源地の草刈等の維持管理をおこなっている。 
遊佐町神泉の水かみこのみず遊佐町
吹浦字女鹿
 
女鹿集落写真
遊佐町滝ノ水たきのみず遊佐町
吹浦字滝ノ浦
大鳥神社境内より湧出(その周辺からも湧出)
滝ノ浦集落 
遊佐町釜磯湧水(仮称)かまいそゆうすい遊佐町
吹浦字釜磯
(浜湧水)
釜磯海水浴場一帯
専門家からは世界的にも貴重な場所と評価されている。
  
遊佐町大清水おおしず遊佐町
吹浦字堤端
崖下からの湧水
近隣住民 
遊佐町丸池様まるいけさま遊佐町
吹浦字牛渡
国指定史跡
丸池の底から湧出
池そのものがご神体であり、地元では「丸池様」と呼んでいる。  
鳥海山大物忌神社 
遊佐町牛渡川湧水群うしわたりがわ ゆうすいぐん遊佐町
吹浦字牛渡
牛渡川の流域いたるところから湧出。
鮭の遡上する川(箕輪ふ化場)。
5種類のカジカが確認されている貴重な川。
  
遊佐町落伏清水おしょうしず遊佐町
直世字仲道
永泉寺(ようせんじ)前
道路脇から湧出
周辺一帯から湧水あり
落伏集落 
遊佐町山居の水さんきょのみず遊佐町
直世字山居
鮭ふ化事業等に利用
升川集落 
遊佐町横堰湧水群よこぜきゆうすいぐん遊佐町
白井新田字臂曲
通称吉出山の麓に無数に点在。
白井新田簡易水道水源有り。
農業用水として利用
横堰水利組合 
遊佐町鳥海三神の水ちょうかいさんしんのみず遊佐町
吉出字金俣
農林漁業体験学習館さんゆう敷地内に導水。
水汲みに訪れる人多数。
集落水道水源。
 写真
遊佐町万助の湧水まんすけのゆうすい鳥海山山中
(標高約1100m)
酒田市営山小屋(万助小屋)の前
  
遊佐町胴腹滝どうはらのたき遊佐町
大字吉出字懐ノ内
崖の中腹から二本の湧水
周辺が山形県里山保全地域に指定されている。写真