ウォータープロジェクト

見つけよう!あなたのWaterStyle

Water Style

環境省が提案する水との新しい向き合い方

環境省では、水の循環を、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」という3つのキーワードで表現し、それぞれがしっかり支えていくことを「JAPAN Water Style」として、民間企業や地方公共団体へ提案し、それに賛同する民間企業や地方公共団体は、事業活動や環境活動を通じて、3つの分野に関する取組を促進していくとともに、「JAPAN Water Style」を支える国民へ向けて商品やサービスを通じた様々な「Water Style」を提案しています。

環境省が提案するWater Style

~守りそだて、贈り使い、大切に還す~「JAPAN Water Style」

環境省では水の循環を、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」という3つのキーワードで表わし、水循環に大切な3つのパートをそれぞれの立場や役割に応じて、その事業活動や環境活動などで積極的に取り組みながら、日本の優れた水循環を官民が連携してしっかりと支えていくことを「JAPAN Water Style」として、民間企業や地方公共団体などへ提案します。

環境省が提案する「JAPAN Water Style」に賛同する民間企業や地方公共団体は、それぞれの事業活動や環境活動を通じて、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」3つの分野に関する取組を促進していくとともに、「JAPAN Water Style」を支える重要な役割を担う国民の皆様に向けて、様々な「Water Style」を提案していきます。

ウォータープロジェクトが推進する「JAPAN Water Style」の今後の取組にご期待ください。

【守り育て】

森林保全、涵養地保全、地下水・河川の管理、水源に関わる自然環境保全など、水源地や水環境を「守り、育てる」事業活動や環境活動です。

【贈り使い】

水源地から私たちの暮らす地域へ水を送るパイプラインの整備や管理など、水を「送り届ける」事業活動や環境活動ならびに、国民に向けて、様々な商品やサービスを通して、水を楽しみながら「有効に使う」提案をする事業活動や環境活動です。

【大切に還す】

私たちが生活で使った水や、工場や田畑などで使われた水が、負荷を少なくして排水する事業活動や環境活動ならびに、排水した水を再生して新たに使用したり、河川を通じて海へ「還す」事業活動や環境活動です。

毎日の生活に「Water Style」を取り入れてみませんか?

私たちの暮らしと切り離すことの出来ない水。
今、その水循環の確保がとても重要です。
水循環は、企業の取組、地自体の役割、民間団体などの活動、・・・
そして、わたしたち、一人一人の毎日の取組によって成り立ち、維持されているのです。
環境省では、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」日本の水循環を、官民が連携してしっかり支えていくことを「JAPAN Water Style」として、企業や自治体などへ提案しています。
「JAPAN Water Style」に賛同する企業や自治体では、それぞれの事業活動や環境活動を通じて、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」3つの分野の取組を促進するとともに、「JAPAN Water Style」の重要な役割を担う国民の皆様に向けて、様々な「Water Style」を提案していきます。
「Water Style」は、これまであまり意識せずに接することが多かった水について振り返って頂き、、水循環について、私たち一人一人がその役割を担う一員であることを認識しながら、水をより身近に意識して、正しい知識をもって、より大切に、そしてより楽しく、生活の中に水を積極的に取り入れ、水を楽しんむ新しい水との向き合い方です。
皆さんの普段のお買い物や生活の中で目にされる親しみのある商品やサービスなどを、直接ご覧になり、手に触れながら、水について考え、選択された商品やサービスを自分流にアレンジするなど、楽しみながら毎日の生活に「Water Style」を取り入れてみませんか?
「Water Style」の広がりが、日本の水循環を持続可能でより豊かにしていきます。
さあ、見つけよう!あなたの「Water Style」

自分流のスタイルで

朝、顔を洗う。歯を磨く。コーヒを煎れる。
一日がはじまると、私たちと水との関係がはじまります。
日中は、お仕事や学校、家事や育児に、
夜は、ご家族や友人と食事、仕事帰りの一杯……
それぞれの一日が過ぎていきます。

今日、皆さんは水とどう関わったでしょうか?

毎日の生活に欠かすことのできない水。
当たり前ではなく、意識して、
水について知って、考えてみませんか?
そしてこれからは
自分流のスタイルで

賛同する企業や地方公共団体の皆様へ

企業や地方公共団体の皆様から、国民の皆様へ向けて、特色ある様々な「Water Style」をご提案して頂き、水を意識して、大切に、楽しみながら生活の中に水を取り入れる、新しい水との向き合い方を、全国的に広げて頂くご協力を賜りたく、環境省では「Water Style」に関する様々な啓発ツールを、無償ダウンロードによりご提供して参ります。(詳しくは下記、事務局へお問合せください。)

【ウォータープロジェクト事務局】

環境省 水・大気環境局 水環境課 企画係
電話 03-5521-8304

「Water Style」に関する様々な啓発ツール

わたしのWater Style