環境省総合環境政策

地球環境保全等試験研究費(公害防止等試験研究費)の概要について

総合環境政策局総務課

1 目的

 環境省設置法第4条第3号の規定(環境省設置法の規定については、下記参照)に基づき、関係府省の試験研究機関が実施する公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する試験研究費を「地球環境保全等試験研究費(公害防止等試験研究費)」として環境省において一括して予算計上し、その配分を通じて国の環境保全に関する試験研究の総合調整を図るもの。

2 事業の概要

 環境行政のニーズに対応するため、「試験研究の重点的強化を図る必要がある事項」を毎年度定めるとともに、関連する研究分野ごとに「総合研究プロジェクト」を編成し、試験研究の総合的推進を図っている。
 また、これらの事務を行うに当たっては、有識者からなる総合研究開発推進会議で検討することとしている。
 さらに、平成5年度より地域に根ざした環境問題のうち、人材や設備等の面から地方公共団体が単独で取り組むのが困難な研究課題について、地方公共団体の試験研究機関と関係府省の試験研究機関が共同で研究する「地域密着型研究」を一括計上予算の中で実施している。

(1) 参加機関等
国立試験研究機関、独立行政法人試験研究機関
(各省より大学、民間試験研究機関等へ委託する場合を含む)
(2) 研究期間
3〜5年(現行)
(3) 経費
年間1課題当たり平均2千万円程度(現行)
○ 環境省設置法 第4条3号
「地球環境保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備(以下この号において「地球環境保全等」という。)に関する関係行政機関の経費の見積りの方針の調整並びに地球環境保全等に関する関係行政機関の試験研究機関の経費(大学及び大学共同利用機関の所掌に係るものを除く。)及び関係行政機関の試験研究委託費の配分計画に関すること。」

3 実施課題

(1)

平成16年度実施課題一覧(70課題)[PDF 51KB]
平成17年度実施課題一覧(61課題)[PDF 69KB]
平成18年度課題一覧(64課題) [PDF 69KB]
平成19年度課題一覧(64課題) [PDF 214KB]
平成20年度課題一覧(58課題) [PDF 213KB]

(2) 課題の評価について

中間評価:
平成15,16年度中間評価[PDF 96KB]、平成17年度中間評価[PDF 233KB]、平成18年度中間評価[PDF 402KB]、平成19年度中間評価[PDF 448KB]、平成20年度中間評価[PDF 336KB]、平成21年度中間評価[PDF 67KB]
事後評価:
平成15年度事後評価[PDF 206KB]、平成16年度事後評価[PDF 164KB]、平成17年度事後評価[PDF 541KB]、平成18年度事後評価[PDF 302KB]、平成19年度事後評価[PDF 349KB]

【その他関係資料】

○平成16年10月18日:
平成16年度環境保全研究発表会の開催について [報道発表資料]
○平成17年10月4日:
平成17年度環境保全研究発表会の開催について [報道発表資料]
○平成18年9月11日:
平成18年度環境保全研究発表会の開催について [報道発表資料]