環境省自然環境・自然公園指定動物保護対策検討会

平成17年度指定動物保護対策検討会(第2回) 議事要旨


1. 開催日時: 平成18年2月24日(金)16:30〜18:45
2. 開催場所: 環境省第2会議室(23階)
3. 出席者:  
  検討員: 石井 実(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 教授)
幸丸 政明*(岩手県立大学総合政策学部総合政策学科 教授)
高桑 正敏(神奈川県立生命の星・地球博物館 学芸部長)
松井 正文(京都大学大学院人間・環境学研究科 教授)
横山 隆一(財団法人日本自然保護協会 常勤理事)
  環境省: 大臣官房審議官
自然環境局国立公園課長、同課長補佐、同保護管理専門官
自然環境局生物多様性センター総括企画官
  事務局: 財団法人自然環境研究センター
オブザーバー 関係省庁
(*座長)
4. 議題: (1)国立公園における動物の保護に関する基本方針について
(2)指定動物に選定に係る作業方針について
(3)国立公園等における動物のモニタリング及び標本の管理のあり方について
(4)その他
5. 議事要旨:  大臣官房審議官の挨拶、環境省からの連絡事項の後、各議題について、配布資料に基づき環境省より説明、質疑応答。議題(1)〜(3)について、各検討員より意見、議論がなされた。今後、環境省でその内容の整理を行い、選定の考え方案等についてパブリックコメントを行ったのち、平成18年度第1回検討会にて選定の考え方等の決定、検討対象種の検討を行うこととなった。
 今回の検討会における主な意見の概要は以下のとおりであった。

■ 国立公園における動物の保護に関する基本方針について

■ 「指定動物の選定に係る作業方針」について

■ 国立公園における動物のモニタリング及び標本の管理のあり方について

以上

(文責:環境省自然環境局国立公園課 速報のため事後修正の可能性あり)