日本の外来種対策

環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、
規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

環境省自然環境局

文字サイズ

標準

特大

MENU

環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、
規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について

特定外来生物等の追加指定について

  • 平成29 年11 月21 日(火)に新たに16 種類の特定外来生物の指定について閣議決定され、下記の通り、平成30 年より特定外来生物として、飼養、栽培、保管、運搬、放出、輸入、譲渡、販売等の規制が開始となりました。
    平成30年1月15日 シリアカヒヨドリ等14種類(ガー科及びその交雑種2種類を除く。)
    平成30年4月1日 ガー科及びその交雑種2種類

新たに指定された特定外来生物

  • <鳥類> 計2種類(2種類)
    • シリアカヒヨドリ (Pycnonotus cafer
    • ヒゲガビチョウ(Garrulax cineraceus

    <ガー科> 全種 及び交雑種(2種類)

    <昆虫類> 計12種類(12種類)
    • アカボシゴマダラ (Hestina assimilis
      ただし、次のものを除く。アカボシゴマダラ奄美亜種(Hestina assimilis shirakii
    • クビアカツヤカミキリ (Aromia bungii
    • アングラートゥスマルバネクワガタ (Neolucanus angulatus
    • バラデバマルバネクワガタ (Neolucanus baladeva
    • ギガンテウスマルバネクワガタ (Neolucanus giganteus
    • カツラマルバネクワガタ (Neolucanus katsuraorum
    • マエダマルバネクワガタ (Neolucanus maedai
    • マキシムスマルバネクワガタ (Neolucanus maximus
    • ペラルマトゥスマルバネクワガタ (Neolucanus perarmatus
    • サンダースマルバネクワガタ (Neolucanus saundersii
    • タナカマルバネクワガタ (Neolucanus tanakai
    • ウォーターハウスマルバネクワガタ (Neolucanus waterhousei
  •    外来法に指定されている特定外来生物等一覧はこちら

2. 規制開始までの経緯

平成28年12月~: 専門家グループ会合(「昆虫類等陸生節足動物」、「哺乳類・鳥類」)
平成29年2月23日: 専門家会合(全体会合)
平成29年3月6日~4月4日: 特定外来生物新規指定に関するパブリックコメント
平成29年11月6日~12月5日: 特定外来生物に係る特定飼養等施設の基準の細目等の改正に関するパブリックコメント
平成29年11月21日: 特定外来生物の指定について閣議決定
平成30年1月15日: シリアカヒヨドリ等14種類(ガー科及びその交雑種を除く)について「飼養・運搬等」、「譲渡」、「輸入」等の規制開始
平成30年4月1日: ガー科及びその交雑種2種類について「飼養・運搬等」、「譲渡」、「輸入」等の規制開始

★ 既に飼養等をしているものについては、規制開始後6ヶ月以内に申請が必要です。

3. 法律上の手続きについて

  • 学術研究等のための新たな飼養等をする場合には、外来生物法に基づく手続きが必要です。
  • 申請や許可に費用はかかりません(ただし申請書類の送料は申請者でのご負担となります)。
  • 許可を取得せずに特定外来生物を飼養等した場合には、罰則があります。
  • 飼養等許可申請はこちらをご覧ください。
  • なお、飼養等許可を得るには、飼養施設が「特定飼養等施設の基準」を満たしている必要があります。特定飼養等施設の基準については、種類ごとに定められています。 → 特定飼養等施設の基準
  • 申請書類は、管轄の環境省地方環境事務所ご提出ください。
  • 申請手続きの流れや方法については、環境省地方環境事務所にお問い合わせいただくか、以下のページをご覧ください。

4. 会合資料等