宍道湖

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 宍道湖は、島根県東部の斐伊川水系の下流部に位置し、中海を通じて日本海につながる汽水湖です。この宍道湖一帯ではガン・カモ類やハクチョウ類など、数多くの鳥類が確認されており、特にガン・カモ類は毎年4万羽以上が飛来しています。
鳥獣保護区面積 7,851 ha 緯度経度 35.4506 132.9593
所在地 島根県松江市、出雲市
調査地で見られる鳥類 カモ類 約5万羽 <10月〜5月>、 コハクチョウ、マガン <10月〜3月>
調査地の範囲と写真
当初は湖の全周調査でしたが、2008/11/26から赤枠の調査区域内でカウントする方法に変更しました。
国土地理院のウォッちずを加工して作成